毎月 勤労 統計 調査。 毎月勤労統計調査地方調査結果(千葉県の賃金、労働時間及び雇用の動き)/千葉県

第二種事業所は、半年ごとに全体の調査事業所の3分の1について交替し、各組は18か月間継続するローテーション方式により調査を行っています 6 調査結果の数値 この調査結果の数値は、調査事業所からの報告をもとにして、本県の規模5人以上のすべての事業所に対応するように復元して算定(推計)したものです
国などの調査で重複のないよう調整していますが、省庁ごとに目的が異なるため必要に応じて部分的に重複調査をせざるをえないこともあります その後、昭和19年7月に勤労統計調査令(昭和19年4月勅令第265号)に基づき、現在の名称である毎月勤労統計調査が内閣統計局によって開始され、戦後労働省(現厚生労働省)に移管されました
イ 労働協約、就業規則等の定めにより支給された現金給与のうち次に該当するもの• 調査の沿革 毎月勤労統計調査の歴史は古く、大正12年7月に開始された「職工賃銀毎月調査」及び「鉱夫賃銀毎月調査」にその端を発しています (6)労働異動率 事業所における雇用の流動状況を示す指標です
現金給与総額ときまって支給する給与について算出しています 「総実労働時間数」とは、「所定内労働時間数」と「所定外労働時間数」との合計です
07 施行• (令和3年7月1日)• 各月の指数に対応する調査結果の実数は次のとおりである 調査産業計、規模5人以上計、男女計等の各種労働者数は、それぞれ産業別、規模別、性別に調査事業所の数値の合計値に推計比率を乗じたものについて、産業、規模、性でおのおの集計した値です
第一段は、経済センサスの調査区に基づき設定した毎勤調査区(第二種事業所)を母集団フレームとし、抽出に当たってはこれを5の層に分け各層ごとに、所定の抽出率によって調査区を抽出しています 「きまって支給する給与(定期給与)」とは、労働協約、団体協約あるいは事業所の就業規則、給与規則等によってあらかじめ定められている支給条件、算定方法によって支給される給与のことであって、基本給のほか家族手当、職務手当、「超過労働給与」等を含むものです
33
また、この法律では、第39条で調査票情報を適正に管理すること、第40条で調査票情報を統計調査の目的以外に使用してはならないことがそれぞれ規定されています ア 1日の所定労働時間が一般の労働者よりも短い者 イ 1日の所定労働時間は一般の労働者と同じで、1週の所定労働日数が一般の労働者よりも少ない者 (5)パートタイム労働者比率 「パートタイム労働者比率」とは、調査期間末の全常用労働者に占めるパートタイム労働者の割合を百分率化したものをいいます
標本事業所の抽出方法及び調査の実施方法は、次のとおりです ただし、最新の経済センサス結果が判明したときには、それから作成した値(ベンチマーク(benchmark)という)を前月末母集団労働者数とします
厚生労働省では「毎月勤労統計調査」を毎月実施しています 令和3年4月分の月報を公表しました
01 施行• 毎月勤労統計調査は、常用労働者5人以上の事業所を対象として毎月実施する全国調査及び府県別に実施する地方調査のほか、常用労働者1~4人の事業所を対象として年1回7月分について特別調査を実施しています 「所定外労働時間数」とは、所定内労働時間以外の早出、残業、臨時の呼出し、休日出勤等の実労働時間数のことです
毎月勤労統計調査に御協力をお願いします 1 調査の目的 労働者の賃金 給与 、労働時間及び雇用について、毎月の変動を明らかにすることを目的としています 調査対象となった人や法人には調査に回答する義務がある一方、安心して調査に回答できるよう、調査員を始めとする調査関係者に対しては、調査で知り得た内容について秘密を保護することが統計法第41条で規定されています
その後予備調査の結果を経て厚生労働省が無作為に当該事業所を指定事業所として選定しました 「総実労働時間数」とは、「所定内労働時間数」と「所定外労働時間数」との合計です
標本事業所の抽出方法及び調査の実施方法は、次のとおりです (令和3年7月1日) 集計結果(平成27年基準) (2021年) 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年報 (2020年) (2019年) (2018年) (2017年) 集計結果(平成22年基準) (2016年) (2015年) (2014年) (2013年) (2012年) 集計結果(平成17年基準) 平成22年1月分結果から、平成19年11月に改訂された日本標準産業分類に基づく集計結果を公表しています
第二段は、抽出した51調査区について5~29人規模事業所の名簿を作成し、その名簿から産業別に標本事業所を無作為に抽出しています (Q6参照) Q6.「調査内容の秘密は守られるのでしょうか?」 A6. 調査内容は、統計目的のみ使用され、税務署や労働基準監督署に知られることはありません
51