偽 物語 セカンド シーズン スロット。 物語シリーズ セカンドシーズン スロット 新台 解析 天井 スペック ゾーン 評価 化物語2

391G:結末• 周期が終了するとリセット。

倖時間SS当否判定時に天井を超えていれば、天井となる• オーラ色を問わず、最終ゲームでプッシュボタン(デカプッシュも含む)が出現すれば、成功期待度は85. 以下の情報は、過去の台で明らかとなっているサミートロフィーと設定の対応です。

168G:結末• カックン対策して無いホールでカックンしなかったのなら据え置き濃厚かと。

超倍倍アイコンは獲得できれば超倍倍チャンス突入! 「倍倍チャンス中」 消化中は全役で保留や配当の獲得を抽選。

有利区間開始時 設定 LOW HIGH 1 79. [怪異パート] 滞在ゲーム数…MAX30G 物語の展開でチャンスを示唆する。

傾物語の直撃• 表記に関しては、以下の通りです。

AT「倖時間SS」• [CZ基本データ] 継続ゲーム数… 15Gor30Gor無限+3G(クライマックス演出) 前作の解呪と同じく、選択ヒロインの結末ノ儀なら期待度アップだ。

「結末ノ儀(CZ)」 前作にあった解呪ノ儀の流れを踏襲していて、怪異絵柄狙いで液晶周辺のオーラが変化するほど期待度がアップ。

高設定だと弱チェリーから擬似ボーナスに直当たりしやすくなっているらしいが正直確率的に宛にはならない 何より上記の抽選が優遇されているのに設定差のある小役はスイカなのだ…これは暗に天井ゲーム数を減算して天井で当てろと言っている スイカは天井ゲーム減算抽選をする 劣化リゼロなどと言われているがここが大きな違いだ リゼロはテーブルが有り、それまでにポイントが溜まれば白鯨戦が有利になるシステム…つまりハマった分の恩恵はしっかりあるのだ 倒せるとは言ってない 物語シリーズにはそれがない…毎回0からスタートなのだ つまり劣化リゼロどころではなく独自のクソシステムになっている。

89
それ以外は「並」と同様。 「黒アイキャッチに注目」 アイキャッチはステージチェンジの際に出現。 「レベル2時の特徴」 怪異パートに進行し、連続演出に成功してCZ当選。 十字キーの上ボタンで変更がおこなえるぞ。 演出の強弱だけでなく、シリーズ恒例の幕間劇演出の有無に注目だ。 下皿モミモミで6000回転耐えれるので。 確認してみましょう。
26
個人的な狙い目としては通常時170Gからでいこうと思います。 銅:設定2以上• [継続ジャッジ] 継続率に応じて抽選。 逆にキャラクターを変えたくないという場合は十字キーの下ボタンを長押しで固定できる。 種類は「2倍」「3倍」「4倍」「5倍」「10倍」のいずれか。 キスショットバトル勝利で AT【倖時間SS】へ突入する。 「おうぎクロック」 ATの最終ベル成立時に発生する可能性がある引き戻し演出。 [蕩滞在時] 押し順10枚ベル時のモードダウン抽選 移行先 当選率 並 7. [詐欺師ノ戯レ] 倍倍チャンス中に突入する可能性がある倍率上乗せのチャンス状態だ。 「並」滞在時の特化ゾーン当選率 弱AT中 項目 強ベル チェリー 怪異チェリー チャンス目 倍倍チャンス 41. [導入パート] パチスロオリジナルの会話パターンが全64種類! [楽曲パート] 全7曲を任意に選択することが可能。