馬渕 睦夫 ひとり が たり。 日本に移民を受け入れさせることは日本の分断・雑種化が狙い

に より• これはヨーロッパを雑種化するための彼らの工作ですね 日本をターゲットにするぞってのは今からもう20年前ですか、もう宣言されてるんです
そうすればどうなるのかというと、簡単に日本はグローバル市場に引き込むことができるということなんですよ 16 最近のコメント• だから、我々はそれに気づかなきゃいけない
かつては新大久保の周りがそうだったですけども、これからもそういうなのがどんどんできてくる危険性ができてくるわけですね の続きです
アメリカの場合も事実上メキシコ国境のところから不法移民が入ってきましたね それを推進しているのはなんと、自民党政権なんですね(笑)
その先兵であるメディアによってですね だから、外国人労働者を入れて何が起こるかってことですよ
つまり単一民族の日本を多民族国家にするということです その具体例が、今回の外国人労働者の受け入れ法案もその一つですが、その前にもうやっちゃってるんです
に 名無しのコメントです に より• もうアメリカがやめて、ヨーロッパもやめたと言っているのになぜ日本だけがそれを推進するんですか、ということですね
アーカイブ• ヘイト法は何かといいますと、私はずっとヘイト法ができる前から言ってますが、この本(国難の正体)にも実は書いてますがね、これは日本国民を分断させる政策なんですよ こういうのは決して、なんと言いますかね、大げさでもなんでもないんです
86
今の現役の方々ね。 彼らが日本のことを思って、「日本は大変ですね」と、少子化でね、「移民を入れざるをえないんじゃないですか、がんばってください」なんて言うはずがない。 彼らは多民族化することによって、世界のグローバル化を完成すると言っているんです。 私がこれ(国難の正体)を書いたのは2012年ですがね、それが6年経って実現しちゃった、しそうになっているんです、今。 もう一部作ってるでしょ?池袋の一角には我々も入れないような一角がありますね。 それをいまや暴力的に彼らはやったんですね。 うまくシリア内戦というのは使われたんですが、シリアからヨーロッパへの大移民ですね。
49