湯田 中 温泉。 温泉街を見下ろす迷宮ホテル、廃墟探訪でも知られた不気味な建物取り壊しの怪?(瀧澤信秋)

訝しげに現地で取材する筆者に関係者が明かした話とは、取得した会社(群馬県)がなんと 解体業も事業にしている会社であるという事実だった。

しかし、数年経ったある日、不思議なことに薬師如来の像だけが仏堂の中に舞い戻りました。

解体が進み唯一看板だけがホテルの存在の手かがりだ(筆者撮影) 度重なる増改築と前述したが、 館内はまるで迷路のようだったという。

中也の生家跡に建てられた「中原中也記念館」では、遺稿や遺品を中心に、貴重な資料を公開しています。

業界ではリブランドと称するが、聞こえはいいものの古いホテルを買収して室内だけ突貫工事でリニューアルするというケースは多い。

1日につかる回数も最大で4回までを心がけましょう。

これまで2000軒超のホテルを利用してきて、快適滞在を実現できたホテル、反面失敗と感じたホテルなどおおよその「見分けるポイント」をホテル選びに活用している。

その後、護摩堂山は、武士が支配する時代においては軍事的適地であったため要塞や出城とし て利用され、 多くの伝説や記述が残されています。

思わぬ事態になりかねません。

単に「良いホテル」「悪いホテル」という表現は避けるようにしているが、がっかりポイントが多すぎるホテルは確かにある。

70