大倉 ダム。 大倉ダム

また、ダム建設によっての所である大倉発電所(旧)が取水口水没によって発電不可能となることから、これを補償するために発電所を改造しダム右岸部に取水口を新設して発電を行うことで東北電力と合意。

登録は無料です。

洪水調節と水位維持の放流に使用しています。

大倉ダムのプロフィール ダムの概要• 不特定利水では四ッ谷を基準点として、最大で毎秒7. 残念ながらダブルアーチ感なし。

ダムの水位や滝の水量によって様々な表情を見せてくれます。

洪水調節容量は洪水期(大倉ダム7月1日~9月30日)に確保し、その期間はダムの最高水位(常時満水位)を洪水調節容量分下げた水位(制限水位)にします。

建設省東北地方建設局管内では大倉ダムの他に(・)、(・)、(・秋田県)が同時期にそれぞれの地方自治体へ管理が移管されている。

ダムの完成当時から近年までの所在地は(完成当時は宮城村)であったが、仙台市と合併し現在は仙台市青葉区となっている。

水没者はダム建設反対運動を起こしたが徹底せず、徐々に住民は立ち退きに応じた。

91
この 名取川水系総合開発計画は戦前よりが進めていたが、戦後河川行政を継承したによって具体化され、1950年(昭和25年)の制定に伴い指定された「 仙塩特定地域総合開発計画」によって仙塩地域への水源整備を目的に事業が着手された。 南西岸の細い道は朝のうちは片側一方通行となっていて昼には解除されますが、安全を考えて矢印の通り走ることをお勧めします。 スタート地点 ここから湖面に出ます。 ダム建設に伴い、旧大倉発電所が水没するため、昭和37年7月新たに現在の大倉発電所が建設され、昭和50年2月より無人化されました。 こうしたもあり補償交渉は混乱したが、最終的には補償交渉は妥結した。
10
また、中原浄水場は青下川にある仙台市水道局管理の青下ダムからも取水しています 流水の正常な機能の維持 下流河川の流水の正常な機能の維持を図ります
事業主体は現在の事業主体、電気事業者・発電所名(認可出力)は「」、その他は「」による リスト内の項目を削除して、やりなおしてください
ダム・貯水池諸元 ダム諸元• 堤体積;226千立方メートル• 外部リンク [編集 ]• 定義ダムの場合では水没戸数は10戸程度に限られ地元の犠牲も小規模であったが、大倉ダムの場合では大倉地区の中心が水没対象となり、58戸63世帯が水没することとなった かんがい用水 大倉川及び広瀬川沿岸のかんがい用水(農業用水)の補給を行います
ダムは四年の歳月を掛けて(昭和36年)に完成、同年より管理事務は建設省から宮城県に移管され、現在に至る 建設省東北地方建設局管内では大倉ダムの他に(・)、(・)、(・秋田県)が同時期にそれぞれの地方自治体へ管理が移管されている
ダム便覧内の写真、文章、データなど全ての内容の無断転載を禁じます ダムの完成当時から近年までの所在地は(完成当時は宮城村)であったが、仙台市と合併し現在は仙台市青葉区となっている
日本においてはマルチプルアーチダムは2箇所しか存在せず、大倉ダムの他にはに(昭和5年)に建設された(柞田川)がある 洪水調節容量;10,000千立方メートル• ) ダム名 リアルタイムデータ 貯水位曲線 大倉ダム 樽水ダム 七北田ダム 南川ダム 宮床ダム 惣の関ダム 漆沢ダム 化女沼ダム 上大沢ダム 二ツ石ダム 岩堂沢ダム 花山ダム 荒砥沢ダム 小田ダム 払川ダム 栗駒ダム 各ダムのリアルタイムデータ及び貯水位曲線. 大倉ダムは洪水調節・かんがい・上水道・工業用水・発電を目的とした多目的ダムです
なお、広瀬川合流点より上流を見た場合、流路延長では広瀬川本川よりも大倉川の方が長くなっている 特に1950年に発生したは仙台市中心部に深刻な被害を与え、被害額は当時で約20億円の莫大な被害となった
このため右岸の谷と平地の境目に人工的な支壁(アバットメントまたはスラストブロックと呼ぶ)を造り、それを支柱として両岸にアーチダムを並べて2つ建設することとした 冬はワカサギの浮子釣り・ブッコミ釣りが盛んなので邪魔にならないように注意してください
担当者が早急に対応いたします やりなおしてください
アーチ軸線半径;82m• 水位が高い場合、洪水によりダムが溢れる恐れがあるので、天気予報等の情報をもとに必要に応じて事前に水位を下げる操作を行います 下表の該当箇所をクリックしてください
3