エンペルト対策。 【ポケカ】エンペルトVが有能すぎる!!炎ペルトデッキ【解説】|ヒロユキ|note

対面から剣舞やZのない を倒せるくらいには誤魔化しが効く その大会のルールは、エントリーした6個のアイテムを1試合ごとに自由に持ち替え可能なので、とを1試合ごとに持ち替えていた
詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください , ギラティナとメルメタルの相性補完を軸に組んだパーティ(ギラティナが弱いフェアリー・氷タイプにレジスチルが強く、メルメタルが弱い格闘・炎タイプにギラティナが強い)
エルレイドがフィニッシャー このパーティのフィニッシャーはエルレイド ポケモンGOの他の攻略記事. エンペルトの対策 金ワザの面積が3割ほどあるので、下手に紫ワザで動きを封じようとすると失敗に終わります
に関してはやを考慮しなければとに各252振りが基本であった コミュニティ・デイ限定技のハイドロカノンを覚えても、みずアタッカーとしては伝説・非伝説ともにほぼ上位互換のポケモンがいるため、純粋な費用対効果でいえば最優先で育てる対象ではありません
ゲージ技• こいつも 並みに誤魔化しが効く 氷技でなく草技を選択するとHP満タンラティオスの死に出しで止まってしまうので、ラティオスは予めしっかり削っておきましょう
明確に苦手なポケモンが少なくどんな相手とも対等以上に戦える点が優秀だ , 前回シーズン1の記事では期間終了後にまとめて公開しましたが、今回は随時更新していきます
2

1匹目にはユキノオー ユキノオーは通常技の「こなゆき」とゲージ技の「エナジーボール」の組み合わせによって素早くゲージ技を繰り出せる点が非常に優秀。

残りの技は選択肢となります。

また、「ラスターカノン」を使いこなせる数少ないポケモンでもある。

明確に苦手なポケモンが少なくどんな相手とも対等以上に戦える点が優秀だ。

初手にはカイリューを採用 通常技の中でも特に優秀なりゅうのいぶきを覚えるカイリューを初手に採用。

また、ラグラージとの相性補完が抜群。

素早さは調整です。

耐性を活かして繰り出しても、多くのケースでは次のターンに先手で弱点を突かれて倒されてしまいます。

火力が非常に高くフィニッシャーとしての役割を果たせるが、耐久は低いため シールドを最低1枚は残しておきたい。

シールドはゲンガーに ゲンガーは非常に打たれ弱いが、最後にシャドーボールを使って等倍以上のダメージを与えれば大逆転を狙うこともできるポケモン。