どうして 心 ごと 奪 われ て。 詩 編 27

救いの神よ、わたしを離れないでください/見捨てないでくだ さい。

点検してみると、大型のフランス型油燃式で、灯器には異状がなく、ただ反射鏡回転用電池を切断してあるだけなので、簡単な操作で点火できる。

文・芝原弘記 2014 平成26 年3月 無明長夜の灯炬なり 無明長夜の灯炬なり 智眼くらしとかなしむな 生死大海の船筏なり 罪障おもしとなげかざれ (「正像末和讃」『註釈版聖典』606頁) 現代語訳 我欲にとらわれてばかりで、仏さまのような智慧と慈悲をそなえた眼(まなこ)は私たちには無いけれど、心配しなくていいんだよ、我執に充ちた私と気づいたとき、苦海の闇で惑う私たちを、阿弥陀さまの願いの船が、かならず私を乗せて浄土へみちびいてくださる。

私の救いの神。

しかし、これは親鸞さまが悲観的な人物であったからではありません。

楽しみまたその 中 うちに在り」 雑炊 ぞうすいをすすり、白湯を飲み肱を枕にごろ寝する。

です。

最後は、わたしの中でいくことはなく、手で自分でしてから、出すだけなので、とてもむなしい。

はたして日本の妻達は、この憂うべき「夜の夫婦生活」問題をどう受け取っているのでしょうか。

我やさき、人や さき、きょうともしらず、あすともしらず、おくれさきだつ人は、もとのしずく、すえの露より もしげしといえり。

86 3

すると 父 ちち 親 おやが 出 でてきて, 中 なかに 入 はいるよう 促 うながし 始 はじめました。

さっさとパンツをはいて寝てしまう、「はい以上」という雰囲気はせっかくの愛のムードをぶちこわします。

008わたしの心はあなたの言葉を借 りて言います、 「わたしの顔を求めよ」と。

主はわたしの命の砦、 わたしは誰をはばかろう。

どぅーちゅい 何を考えているのだろう。

夜の夫婦生活について、夫にお願いをする妻達はどれだけいるのでしょうか 妻達は、日常、夫にさまざまなお願いをしています。

普通でしたら、そのような状況の場合、人情としましては「私の信じるこの教えこそ正しい、これしか信じてはいけません。

さてしもあるべき事ならねばとて、野外に おくりて夜半のけぶりとなしはてぬれば、ただ白骨のみぞのこれり。

54