眠り 展。 【最近、寝られてる?】身近な「眠り」を捉え直すアート展

〈クオリア〉をキーワードとして、脳と心の関係を探究している。

眠りがもたらすものは、ただの休息や空白ではない。

AI時代の今こそ、眠りという人間的な行為から生まれるものに注目することは、面白いテーマだと思います。

寝室に貼りたい。

〈クオリア〉をキーワードとして、脳と心の関係を探究している。

その不安の中で生きる私たちの姿を作品と重ね合わせることによって、アートを通した「眠り」が、安らぎを与えてくれるだけでなく、日常の迷いや悩みに対するヒントを与えてくれる展示会だ。

そしてこれまでは「寝そべってるなあ」と思っていただけの絵に対しても、今回いろんな解釈を展示会で考えたように「死の暗示なのかなあ」とか「目覚めを待ってるのかなあ」とか、これまで思いもしなかったような解釈を考えることができて、非常に面白かったです。

90
また、「睡眠」ではなく「眠り」と題することで、単純な「寝ること」以外にも、人間に関わるさまざまな視点を入れられると考えました。 なるほどわからんなーと思って見ていたんですが、毎朝起きた時間を送っていた相手が奈良原一高という写真家宛てだったので「おおお!知ってる!」と思って興奮しました。 There is a gray curtain on the exhibition hall It was like being in a bedroom. この行為は、これまで数々の芸術家たちの作品のモチーフとされてきました。 また、「睡眠」ではなく「眠り」と題することで、単純な「寝ること」以外にも、人間に関わるさまざまな視点を入れられると考えました。 これからの美術館事典」(2015年)を開催してきました。 *作品保護のため、会期中、展示替を行います。 目覚めを待つ 眠りのあとには、必ず目覚めが訪れます。
40 50