国土 交通 省 雨量 レーダー。 Digital Typhoon: Real

5時間の実効雨量、24時間積算雨量、実況降雨強度をGeoTiff形式で作画したものです。

5時間実効雨量でそれぞれ12日と6時間です.利用したXRAINデータは、国土交通省より提供されたものです。

参考文献• R iは i時間前の1時間雨量を表し、時間が経つほど係数0. 地図は、スクロールマップになっています。

ただしリンク元のサイトのコンテンツが当研究所への誹謗中傷や信用を毀損する内容を含むもの、公序良俗に反するもの、法律・法令に違反するものにつきましてはリンクをお断りします。

さらに観測及び予測雨量は分布型流出予測システムの入力値となり流量に変換される。

現在でも利用できるWEBサービスとして以下のものがあります。

60分間雨量は1時間ごと、10分間雨量は10分ごとに更新されます。

表示される画像は5分毎に最新のものへと自動更新されます。

4
防災情報提供センターの独自情報からは、左のメニューにある「トップページ」または「防災情報提供センター」をクリックしてお戻りください ) 防災情報提供センターは、国土交通省水管理・国土保全局、道路局、国土地理院、気象庁が共管となり、運営主体を気象庁が担っております
降雨災害は、それぞれの場所における地形、地質や地下水位の状況等が異なるため、 実効雨量が個別の場所の危険性を特定するものではありません 5時間実効雨量の値へ及ぼす影響
KMLファイルの更新(Version 160512) 同じ雨に対する実効雨量でも、半減期係数を掛ける時間間隔によって値が変わります
ご利用の際には以下の2点にご注意ください 興味ある方は是非行かれたら良いと思います
事業期間は2018年3月末までとなっています 高解像度降水ナウキャストの事例 下の図は、平成26年6月29日の大雨を予測した例です
また、高解像度降水ナウキャストは250mの予測期間は30分ですが、予測時間35分から60分までは、30分までと同じアルゴリズムで予測した1kmの解像度で予測を提供しています なお、実効雨量の算出においては、5分ごとに半減期係数を掛けています
37