歯石 取り 痛い。 歯石を取ってもらう時に激痛が…! これって異常なこと?

場合によっては歯間ブラシや、糸ようじ?を私用したほうがいいと思います。

知っておくと出血や歯石取りに対する不安も少しは無くなるかと思います。

二度とこのような プチ虫歯治療とも呼ぶべき目に合わないよう、歯垢(プラーク)や歯石を作らないブラッシングを実践するぞと心に誓った次第です。

歯科医は歯を削り、歯を抜くことができますが、歯科衛生士は歯を守ることが仕事なのです。

お前ら達者でな。

歯茎の中の歯石除去したことあるかたにご質問! 昨日、歯医者で歯のお掃除って言う事で行ってきました よくある歯石取りが一通り終わったと思ったら ちょっとチクッとするかもしれませんが何かあったら左手あげてくださいって言われました と思ったら、歯茎の中に細いものを入れ結構な力でガリガリゴリゴリが始まり たぶんかなり出血もあるんだろうなと思っていました 左下だけで終わりました 痛くなかったですか?って言われたのですが、 痛いのが気持ちよくってもっとやってほしかったですって正直に言いました 家に帰ってネットで調べたら、歯茎の中の歯石取りするときは、麻酔すると見かけましたが やっぱりそうでしたか? 何か歯医者さんがいうに、女性は痛気持ちいいって方が多く 男性は痛いだけっておっしゃるそうです …続きを読む 取る側の技量にもよります 歯周ポケット内の(縁下歯石と言います)歯石とりは技術が必要です きっと上手な方だったんでしょうね 患者さんの中には気持ちがいいからもっとやって下さいと言われる方もみえますよ 笑 麻酔はポケットの深い所は前もってする場合もありますが 私的には出来る範囲であれば 麻酔はしないほうが良いと考えています 麻酔をすると もちろん患者さんは痛くはないので 取る側も 逆にやり過ぎてしまいます 知覚過敏の原因になりかねません 特に若い歯科衛生士に多く 力任せに歯の表面をガリガリやり過ぎる傾向があります 痛みは人それぞれですが 確かに男性のほうが 甘えん坊ですかね 笑 その点 女は強! また、歯石を除去することによって、知覚過敏の症状が出ることもあります。

炎症を起こした粘膜は弱くて、少し触れただけでも出血しやすくなります。

5年以上歯医者さんに行っていない事もあり、虫歯はなかったですが歯石や歯垢が溜まっている歯が何本かありました。

3-3.リステリンのターターコントロール リステリンに歯石予防の物があります。

絶対に痛くない。

」などの全く的外れな内容だったりします 歯石があるところでは大きく振動し、歯石がないところでは振動を弱めるセンサーが付いています
極力痛みを少なく歯石をしっかり除去することができます 私も営業職のはしくれですから、臭いには常に気を遣っています
2-2.歯茎が痛い場合 歯石除去の時に歯茎が痛くなってしまう方がいます 長期間外気に触れずに、菌にさらされていたため、敏感になっているのです
また歯石取り直後は歯茎が傷ついている可能性が高いので辛い食べ物などの刺激の強い飲食物は避けましょう 舌が感じる違和感は1週間ほどで慣れることがほとんどですので、心配されなくても大丈夫です
「治療よりも、どう自分の歯を守るか」を 歯医者で学んで欲しい といったところでした で、前回の治療が想定外の痛みだったことにより怖気づいた私は、「すぐに治療が必要な歯以外はとりあえずそのまま削らないで放っておいてもらいたい」と歯科医に伝えるつもりでした
それで、歯石取りって、どうしてもしなくてはいけないかが疑問になってきました 歯石が取れて炎症がなくなると、それまで出血しやすかった歯ぐきもブラッシング程度の刺激では出血しなくなります
歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)の中に奥深く入り込んでいることがあります もちろんそんな私の念は通じず、しばらくすると「口をゆすげ」と言われたので「はい」と従順な返事を返し「ブクブクペッ!」ってやったら水がピンク色
歯周病の検査を行わないと歯茎の中に隠れている歯石を確認することができず、毎月歯医者で歯石を取っていたのに気づいたら重度の歯周病になっていたなんてことが多くあります 3-2. 歯石とりをする機械は水を使用しながら扱うものなので 水がしみて痛みを感じることもあります
クリーニングのお時間は、45分間でしっかり時間をかけて 丁寧にクリーニングしております まさに口腔内の悪玉って感じのヤツです
ぐらついたのは進行していた歯周病が原因 また、歯茎からの出血が多いと歯石が見えにくくなり、見えないところで器具の操作をしなくてはいけないために痛みが出ます
58
歯ブラシを「やわらかめ」のタイプに替えて様子をみましょう 歯と歯ぐきの境い目や歯と歯の間にできた、それこそ石のように硬い歯石は、歯磨きだけでは取り除くことができません
しかしこのままでは、歯周病の悪化や歯を失うリスクが高まる一方に さらに定期的に歯石を取っている場合には、炎症のあまりない状態で歯石除去を行えるため、歯石を取る際の痛みや出血を最小限で抑えることが可能となるのでオススメです
当日は歯茎から出血があるかもしれませんが2、3日で出血は収まり歯茎はきれいなピンク色になってきます 治療についてしっかり説明してくれこちらの質問に対しても丁寧に答えてくれるクリニックを選ぶことが大切です
毎日のブラッシングや自分にあった歯科医院選びはとても大切です 歯医者関連の記事はコチラ. ただ、その時より私自身の歯茎の状態はよくないと思います
歯石がついてからでは、歯間ブラシやフロスを通すことができず、歯石がどんどんと溜まってしまいます それはもう、脳髄まで響く
4.歯石除去後のアフターケア 4-1.しみが出やすいため温度の変化が強いものは避ける 歯石を取った当日は歯がしみることが多いため、冷たいものや熱いものなど温度変化が大きいものは避けるようにします 治療する歯の本数を少なくしてもらったり、強い痛みを感じるようであえれば、歯茎に 塗るタイプの麻酔をかけることもできます
私が辛そうなのを見かねて、歯科衛生士さんも麻酔なしでは無理だと判断したみたいで、最終的に『 次回来院時に麻酔ありで歯石取りしましょう』という話になりました 改めて質問しなおしますので、できればそちらにも回答していただけるとうれしいです
久しぶり過ぎる歯医者さんでしたが、虫歯はなし!! さすが自慢の歯です <まめに歯石取りのする> また、歯石がたまりすぎる前に歯石取りをしてもらうことも大切です
今回、歯の表面部分の歯石取りまでは良かったのですが、『 歯の根元に付いている歯石取り』については痛すぎてギブアップしました 今の歯医者はお医者さんは腕がいいので、できれば転院はしたくないです
こまめに通う 長期間溜めた歯石は硬く、痛みや出血が多く負担になります このため本来は象牙質が露出しているにも関わらず、歯石がまるで象牙質の表面を保護しているような状態になっていることがあります
76