ベイト フィネス pe。 ベイトタックルとロングリーダーシステムの相性

それだから自分も含め、BFでPEラインが受け入れられなかったワケです。 そうなると、「かなり柔らかいベイトロッド」という事がイメージ出来ますよね? ですから、ロッドのテーパーやバッドの強さなどにもよるとは言えそんな柔らかいロッドを使用していて、 そこまで 太くて強いラインを使用してもそんなラインが活きてくるシチュエーションで使う事はありませんから、完全に持て余してしまい意味が無くなってしまいます。 ベイトフィネスリールって 細い糸を 少ししか巻けないじゃないですか。 よく聞くのが「PE2号くらいがオススメだよ」と言うお話。 とはいえ、ラインが太すぎると飛距離が落ちしてしまいますし、ナイロン・フロロラインは PE ラインよりも比重が重い傾向にあります。 ただし、PEベイトフィネスを考案したのはバスプロ兼、イマカツの代表でもある 今江克隆氏によるものと認識しています。 硬いロッドでは軽量ルアーを投げる事は難しいので、必然的にベイトフィネスをやる為に扱うロッドは柔らかいモノになります。 リーダーの太さは イワナ・ヤマメなら4~6ポンド ニジマス・ブラウントラウトなら6~10ポンド くらいが目安になると思います。 に レジンシェラー0. また、ライトソルトベイト用のロッドもどんどん進化しているので、そんな環境も相まって普及が進んでいるように感じます。 感度が良いのは良いけど、必要以上に情報を拾ってきてしまい、逆に判別が付きにくくなってしまう、という事ですね。
83

リールをロッドのバット部(元部)にセットして巻き取っていきます。

このリールのスプールは超繊細精密なので机から落としでもしたら使い物にならなくなっちゃいます。

では、シーバスフィッシングでは実際にどれくらいの長さでリーダーを使用しているのか? わたしの場合は最短で3m、最長で6mほどです。

そしてフロロカーボンには戻れなくなります 笑。

極端に短くする事、そしてM40Xの採用で驚異的なリフティング強度を実現したハングマン511(510)MXH。

また軽くて浮くPEをリーダーの重さで沈めている様なイメージでやっていたりもします。

レジンシェラーにはオレンジとグレーがあるんですが、渓流での視認性を考えてオレンジを選択。

48