カープ ドラフト 2020。 他球団スカウト「あぁカープに獲られた!」「1番のビックリ指名はDeNAの…」 ドラフトウラ話【広島・DeNA編】

jp-carousel-photo-info h1:after,. 入江は即戦力としては難しいでしょうが、素材型の右腕として、将来的に軸となってくる投手です。

なので、出来れば即戦力が欲しいところでした。

91
前膝で地面を蹴れれば右肘をつまみ上げたときに両肩甲骨がぶつかる。 96点という点数をつけた理由はそこであり、大卒投手が特に豊作と言われた2020年ドラフトを知り尽くしたカープスカウト陣のなせる職人技と評価されて然るべき、文句のつけようのない指名であった。 2020年ドラフト総評 即戦力・将来性のある投手を多数獲得 1巡目の入札ではトヨタ自動車の社会人No. 6位の矢野内野手は、守備と走塁は既に一軍即戦力レベル。 大道がそのレベルに達するまで早川が必要だからである。 同年夏の甲子園では、奥川恭伸(現・ヤクルト)擁する星稜との準々決勝で全国初先発。 早川を大道より上にしたのは、私の来季の構想では、KJ(クリスジョンスン)が構想外なので、KJの後釜として即戦力になる投手が欲しかったからである。 天理大進学後は1年春から先発登板の機会を掴むと、いきなり最優秀選手賞に輝く。 背骨が一塁側にヘッドステイバックする。 5位まで育成タイプを指名しているだけの、なぜ六位だけ即戦力なのか、という 違和感があります。
99