おもいで 写 眞。 映画『おもいで写眞』ネタバレあらすじと結末の感想評価。ロケ地富山を舞台に深川麻衣と高良健吾を通して“人々の輪”が広がる

44
この作品記事はが望まれています。 また、富山を舞台にし、地方で少子高齢化が進み孤独死する老人が増えている実態も浮き彫りにしています。 登った分だけ努力しているんだけれど、人として成長していないという残念さ… 何故なんだ… 終いには幼馴染みの一郎が主人公のようなラスト…笑 作品全体としてはキャストや舞台の雰囲気は好きでした。 高良:熊澤(尚人)監督は考えや演出を細かくおっしゃるタイプではなく、役者に任せてくださる方。 テンカラット所属。 東京で挫折し祖母の死をきっかけに故郷に戻った女性が、遺影写真を撮る仕事を通じさまざまな境遇の人々と交流していく。 撮影:• 困っていた結子に一郎は、団地でホームヘルパーをしている樫井美咲(香里奈)を紹介します。
50