抗 男性 ホルモン 剤。 抗男性ホルモン薬(抗アンドロゲン薬)の解説|日経メディカル処方薬事典

アンドロゲンは男性ホルモンの総称です。

MTFが女性化するには、エストロゲン(女性ホルモンの一種)をつかいます。

000 claims 1• このような場合、抗アンドロゲン薬の代わりに女性ホルモン薬を使うことがあります。

150000002148 esters Chemical class 0. 6カ月後のPSA値が0. 210000002966 Serum Anatomy 0. 239000005556 hormone Substances 0. 000 abstract 1• LH-RH(GnRH)(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)アンタゴニスト LH-RH(GnRH)アンタゴニストは、下垂体前葉にあるLH-RH受容体を直接的に阻害することにより、下垂体からのLHの分泌を直ちに抑制します。

239000003814 drug Substances 0. 非ステロイド系のものは、男性ホルモンの分泌自体を抑制することはないので、性機能障害はおこりにくいと考えられています。

239000001091 propylene glycol Substances 0. 000 abstract description 2• DHTの血中濃度を抑える これは ラットでの実験で証明されています。

000 description 3• 241000196324 Embryophyta Species 0. これを抗男性ホルモン交替療法といいます。

239000000051 antiandrogen Substances 0. さらに、LHは、脳内の視床下部から分泌されるLH-RH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)によって分泌をコントロールされています。

79
高リスクは5年生存率が87. 000 description 5• 229930015766 Ethanol Natural products 0. 000 claims description 2• 経済性を優先する場合は、LH-RHアゴニストの注射を打つ代わりに、精巣摘除術を受けるのも一つの考え方です。 食事とアルコールの影響 現在報告されておりません。 000 description 3• 000 description 10• この場合も、LH-RHアゴニストの注射は続けます。 そこで、ホルモン療法を長期に続ける場合は、骨密度を定期的に測定し、適度な運動をするとともに、カルシウムやビタミンDをとるように心がけることが大切です。 235000002639 sodium chloride Nutrition 0. 000 description 2• 脳でのLHの放出を抑制して、 男性ホルモンの生成を抑える作用だけでなく、 男性ホルモンが受容体に結合するのをブロックします。 000 claims description 6• 脳でのLHの放出を抑制して、 男性ホルモンの生成を抑える作用だけでなく、 男性ホルモンが受容体に結合するのをブロックします。 230000002265 prevention Effects 0. 000 abstract description 2• 235000008078 Arctium minus Nutrition 0. 235000019438 castor oil Nutrition 0. 女性ホルモンが体内で増えると、脳(視床下部)が性ホルモンが十分にあると判断して、性ホルモンをつくらせるホルモン(黄体形成ホルモン、LH)を減らします。 LH-RHアゴニストは、LH-RHと似た構造の偽物で、下垂体にあるLHの受け皿である受容体と結びつきます。 000 claims description 6• 240000000058 Argemone mexicana Species 0. 000 description 8• 000 abstract 1• 241001494501 Prosopis Species 0. 男性ホルモンは主に精巣(せいそう)から分泌されていますが、一部は副腎(ふくじん)からも分泌されます。
74