日東 精工。 日東精工株式会社 流量計総合カタログ【※無料進呈中】 総合カタログ

1938年2月 日東精工株式会社を設立 特殊時計及びダイヤルゲージの製造開始 1947年7月 自動車部品及びカメラ部品の製造開始 1949年11月 量水器の製造販売開始 1952年5月 大阪出張所(現大阪支店)開設 1956年8月 工業用ファスナーの製造開始 1957年4月 精密流量計の製造開始 1960年7月 東京出張所開設(現東京支店) 1963年6月 名古屋出張所(現名古屋支店)開設 1965年1月 自動ねじ締め機の製造開始 1967年11月 タップタイトねじの製造販売開始 1968年8月 京都府綾部市に日東公進株式会社を設立 1971年2月 大阪証券取引所市場第2部に上場 1974年3月 京都府綾部市に株式会社ニッセイを設立 1979年8月 台湾に合弁会社旭和螺絲工業股份有限公司を設立 1980年3月 世界初の0. レール端部を独自の耐熱マグネット埋込構造とすることで、鉄管等の磁性体配管の計測ではベルト締付作業が不要となり、過酷な高温環境下での作業者の負担を軽減します を設立 1990年7月 マレーシアに合弁会社 NITTOSEIKO MALAYSIA SDN. 材木 実はねじの仕事をしたくて入ったわけではありません
私たち日東精工は締結技術や組立技術、計測技術をもとに、3つの事業部に加え、メディカル事業も創設し先進的な製品を開発しています また、既設配管の外側から計測するため、液体の腐食性や圧力、導電率などの影響を受けず、超音波が伝わる液体であれば計測が可能です
(特殊な形状や技術が必要となるねじ、一般的なねじすべて 5957 - 2013年7月12日 略称 日東精工 本社所在地 〒623-0054 井倉町梅ヶ畑20番地 設立 事業内容 工業用ファスナー 産業用機械 流動体計測器 など製造および販売 代表者 材木正己(代表取締役) 資本金 35億22百万円 売上高 単体169億円、連結348億円 (2019年12月期) 純資産 単体220億円、連結296億円 (2019年12月) 総資産 単体302億円、連結459億円 (2019年12月) 従業員数 単体545名、連結1,828名 (2019年12月) 決算期 外部リンク 特記事項:多国籍企業 日東精工株式会社(にっとうせいこう、: NITTO SEIKO CO. - 東証一部に上場
これまでの卒業生は、のべ1500人を超え、各企業で活躍しています 仮に東京に出て出世して、お金だけ送っても両親は喜ばないだろうと
ただ単に価格を下げてしまうと、長い事業運営は難しく、従業員を守ることはできないと思っています また組立機自体も納入しているので、仮にお客様がねじを締める工程で問題が生じても、「ねじ締め機械の問題だ」ということはできません