フジゲン ギター。 フジゲン(Fujigen)のギターについて【エレキギター博士】

価格帯を考えれば破格のギターだと思います。
このように、一人一人が誇りを持って働いているからこそ、量産製品とはいえ、一本一本が丁寧に想いを込めて作られていて、その結果、世界中で愛される製品を提供できているんだな、と感じました。 コイルタップ装備。 「FenderやGibsonの代替ギター」という考えは捨てて、「フジゲン・ギターの特徴」を考慮して十分選べるのではないでしょうか。 これによって、弦とフレットが直角に交差することになり、音の立ち上がりやクリアさが良くなります。 ただし、フレットの交換 フレットの打ち替え は、フジゲンにしか出来ないため、海外向けの製品にはサークル・フレッティング・システムは採用されていません。 沢山のブースに分かれていて、電気パーツや糸巻き、弦などなど、細かな部品を組み付けていきます。
31 91