映画 ある 日 どこ か で。 ある日どこかでのレビュー・感想・評価

この作品は脚本家として活躍していたリチャードは大学生の頃ホテルで見知らぬ老婦人に『帰ってきて』と言われ懐中時計を渡された過去を持っていたがブランクに悩んでいたある日1912年の世界にタイムスリップしてしまうという内容である。 リチャードも彼女と人生を共に生きることを考えていたが、衣服のポケットから不意に取り出した硬貨が1979年製造の物だったため、リチャードは1980年に引き戻されてしまう。 というか、年齢が違い過ぎた彼らには時空を超えるしか一緒になれる方法はなかったんですよね。 これは監督が仕組んだ演出だった。 レストランのオープン前に立ち寄ったホテル内の歴史資料室で、リチャードは背中に熱い視線を感じた。 ホテルマン・アーサーによると、その女性は過去に人気女優だったエリーズ・マッケナだという。 「ある日どこかで」の撮影は1979年5月から8月の間に行われました。
76
そして彼女についての調査に没頭し、写真の主は1912年当時、人気のあった女優エリーズ・マッケナであり、1912年以降活動しなくなったことを知る。 島内は、自動車の通行が原則禁止されていて、交通手段は、馬車、あるいは自転車、または徒歩であり、19世紀の雰囲気が残されている。 映画に登場するグランドホテルは、マキノー島に実在する。 影響 [ ] に関する研究者として「フィニー教授」が登場するが、マシスンが、タイムトラベルものを得意としていた先達のSF作家(長篇『ふりだしに戻る』短篇「ゲイルズバーグの春を愛す」「愛の手紙」「第二のチャンス」「レベル3」など時間旅行ものが多い)に敬意を表したためであるといわれている。 リチャードを演じるのは「スーパーマン」(1978)で大スターとなったクリストファー・リーヴ。
6