なん j 阪神。 ( ・`ω・´)

ところがその後もサンスポの報道は止まらず ・11月29日…「 阪神入り決断の西」と銘打った記事で 報道に対するブログでの否定に触れる ・11月30日…「 阪神入りを決断している西に動きはなかった」という謎の文章を書く
・12月1日(土)…「阪神入りを決断している西から阪神への連絡はなし、今週中に他球団に断り」という内容の記事を出す 当日のサンスポの記事は「FA西、去就多く語らず SSK社会議に出席」
要するに ゴリ押しの産物である 阪神入り決断の西、本当に阪神入り決断 しかし12月6日になると、サンスポを始め鎮静化している関西マスコミを尻目に、ソフトバンクの大本営である西日本スポーツが西の阪神入り確定記事を報じる
・12月2日 - 4日…引き続き「阪神入り決断の西から連絡はなかった」と掲載 と12月4日まで連続でため、なんJでは「西は毎日阪神入りを決断している」「今週中に阪神入りを決断する西は来週阪神入りを決断する」などとのような扱いを受けてしまう
・取得した記事は当サイトが運用するTwitterアカウントにてツイートする場合がありますが、取得した全記事に対してのツイートすることを保証するものではありません
57

西は移籍後の2019年から連続で二桁勝利をマークしており、もし西が撤退していた場合阪神は単純に考えた場合10勝分は失うことになり、二年連続Aクラスもなかった可能性がある。

引退後は大阪近鉄バファローズ打撃コーチなどを経て、「」の責任を取って退任したの後任として2011年まで阪神監督を務めた。

すなわちソフトバンクの撤退=阪神入り確定となる(なお、DeNAも獲得に乗り出していたが、阪神・ソフトバンクよりは不利とみられていた)。

由来 真弓は1972年ドラフトで西鉄3位指名を受け電電九州(現NTT九州)から太平洋クラブに入団。

しかし当のサンスポは情報が来なかったのか 阪神入り記事を出せず出遅れた。

それに加え、一連の記事が原因で西の態度が変化し、を誘発する可能性もあった。

また、西に関する報道のスレタイも「 阪神入り決断の西、〇〇をする」と、阪神入団が確定的というネタがあげつらわれることが増え、しまいには「 『阪神入り決断の西』まで含めて登録名だ」とする向きまで現れた。

このサイトについて 当サイトは、まとめブログを中心としたアンテナサイトです。

そう考えると今回のサンスポの報道は単なる笑い話では済まないだろう。

22

ソフトバンクは西の最有力候補であった。

「嘘から出た実」と言うべきか、サンスポの報道は誤報ではなくなったものの、客観的ではなく凄まじい願望が混じった報道で紙面の信頼性の低下は否めなかった。

しかもソフトバンク大本営である西日本新聞傘下の西日本スポーツは飛ばし記事の類が極めて少なく、地元であるソフトバンクサイドとは特に懇親である。

サイト内に転載されている動画、画像等の著作権は各権利所有者に帰属致します。

移籍会見で居住環境を変えたくなかったと発言、その一方でオリックスへの残留を否定するような足跡をネット上に残すことから、消去法で阪神移籍しか考えられないと決め打ちした可能性もある。

すなわち勇輝と純矢は三従兄弟同士に当たる。

82