メグロ k3。 カワサキ(KAWASAKI) メグロK3

サイドカバーには赤い「メグロ」ロゴが添えられる また、数少ない国産の大排気量ブランドとして戦前、戦後を通じ警視庁に白バイを納入しており、1964年(昭和39年)の東京五輪時には聖火リレーの先導車という大役も果たしている
W800とK2を比べてみればわかると思いますが、まったく別物ですよね? W800を買う層ってデザインとかバーチカルツインエンジンやベベルギア駆動の"W800"に惚れ込んで買う人と、W1やW3の系譜だからファンとして買うっていう層に別れると思うんですよね
メグロ由来のバーチカルツインはK2と瓜二つで、伝統あるカワサキのオーナーであることがとても誇らしい 今、がやってる事はの塗装とエンブレムだけ変えて、スポーツ800が復活!!ってやるくらいバカバカしい
W650の新車が2台買える価格です 但し、燃料タンク横に設置されたエンブレムには「MEGURO」と「M」「W」(メグロ・ワークス)がデザインされ、速度計には「メグロ」の文字、クラシックなパイピングシート(タックロールはなし)が組み合わされ、W800との違いを演出していた
銀鏡塗装タンクとエンブレム 今回の「メグロK3」の目玉といえばタンクの塗装とエンブレムです 8 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 450. もっともカワサキはそれ以前から、クラシックなテイストを感じるモデルとして、ゼファーシリーズとエストレヤを販売していたものの、21世紀に入ってネオクラシック市場に参入したライバル勢の多くは、何らかの形でW650/800を意識していたに違いない
民生用は「スタミナ K1」の名で販売された ニューモデル情報に定評がある創刊49年のバイク雑誌『ヤングマシン』編集長の松田大樹氏が語る
たぶん、今と昔のバイクでは全くの別物ですから 回していくと5000rpmあたりから、がぜん元気になる
・価格には二輪車リサイクル費用が含まれます そんなこんなもあり、ネオレトロ路線を突き進まんとする
特に最近は女性に人気らしいです もちろん、当時の名車のような強烈な個性や感動はない
最大トルク 62N・mを4,800回転で発生• メグロK3のベースとなったのは、W800の2021年モデルなので、型式もW800と同じ「2BL-EJ800B」 その年、『カワサキ500メグロK2』が東京モーターショーで披露され、翌65年に発売
56
・ライダーの手の大きさや好みに合わせて、位置調節が可能なダイヤル式の アジャスタブルブレーキレバー 4段階 とアジャスタブルクラッチレバー 5段階 が装備されています。 だから古いマシンをイメージしたマシンを見ると、どうしても辛口な評価をしがちなのだが、初めて見たメグロK3はとても好印象。 このKシリーズは、W1(1966年)へと進化し、いっとき姿を消したのち、W650(1999年)として復活し、W400 2006年)を派生させながら、W800(2011年-)へと続いていった。 これもまたこの800ccバーチカルツインの大きな魅力だ。 私はあんまり好きではないですが。 ムキになって飛ばすのではなく、周囲の景色を眺めながら、淡々と走り続けたくなって来る。
58