ピティナ っ 子 35。 ラフマニノフ / Rakhmaninov, Sergei Vasil'evich

が、自身のピアノ曲では技巧に終始するのではなく、哀愁や情熱を宿した美しい旋律を楽曲へと堅実に組み立てる方法を知っていた。 87