孔子 廟 訴訟。 最高裁の孔子廟「違憲」判決の背景にあるもの

戦前の反省を受け、国や自治体は宗教と結びついてはならないとするをめぐり、大法廷がを出したのは3件目 沖縄の人々はおとなしく、このような危機に至ってもなかなか訴訟などという過激な行動は取りません
教育が行われ、中国の最高学府への留学希望者が学んだ このような中共のやり方を世界中が「卑劣・卑怯」と感じるようになってきましたが、当の中共はこのような手法が「頭の良い手法」であると考えておりますから、孔子学園が封鎖されればまた別の新たな「頭の良い方法」を考えて来るでしょう
孔子廟は社団法人が管理し、大部分が無料公開されている 規定を過度に拡張すれば「歴史研究・文化活動等にかかるの委縮」をもたらしかねないと警鐘を鳴らす
「表現の自由」、文化的衝突をめぐる憲法問題を研究課題としている さて、原告の金城テルさんに話を戻そう
孔子学園でなくとも、「中国語講座」などを開いて若い女性が講師となる集会は昔から行われており、餃子パーティなどと称する文化交流パーティと言うものを通じて「ハニートラップ」なども行わていたようです そして面白いことに、が林裁判官と同じような見解を述べているのだ
72

しかし、労多くして実入り少なしとなると、なんともお気の毒である。

「 釋奠祭禮(せきてんさいれい)」の様子から、「宗教性を肯定でき、程度も軽微ではない」と結論付けた。

[PR] 中国の思想家で儒教の祖・孔子を祭る「孔子廟(びょう)」がある敷地の使用料をが徴収しなかったことの是非が争われた裁判で、大法廷(裁判長・直人長官)は24日、「特定の宗教を援助したと評価されてもやむを得ない」とし、無償で公有地を使わせるのはを定めたに反するとの判決を出した。

3.市議会自民党の抱える矛盾 実は、このような矛盾を抱えるのは共産党、キリスト教系団体、公明党だけではない。

特定の宗教が「優遇」され、裁判所も「違憲」と判断したのだから、本来ならキリスト教系団体は那覇市に強く抗議し、賃貸料の早期徴収を要求すべきところだが、その動きは全くない。

現在の市議会自民党は「孔子廟は違憲」との判決を尊重する主張を展開し、今回の議案採決でも退席しているが、「過去の主張の総括」が行われた気配はなく、市民、県民、国民への説明義務はまだ果たされていない。