サーチナ。 サーチナ (ポータルサイト)

35
経済・ビジネス情報も豊富で、への記事配信も行っている (サーチナ)26日 水 17時12分• スマートフォン対応においては選択した通貨と計算したい日付を選択するだけで、自動的にその日の終値、または当日中であれば現時点での為替レートで計算結果が算出されます
(サーチナ)9時12分• (サーチナ)11時12分• このコーナーは、中国やフランス、米国、韓国、台湾などの海外の、一般人も含めたブログやBBSから、日本に関する記事や書き込みを、日本語で要約して伝えてくれるサービスだ 中国では教育というと学歴の高さを指すが、ここで言う教育とは大学進学率のことではなく、「技術ある人材を教育すること」だという
これには、お辞儀などの動作に加えて、服装や持っているものに違いがあることと関係があるのかもしれない (サーチナ)12時12分• サイト開設10周年の7月、サイト名も旧称の「中国情報局」から会社名同様の「サーチナ」に変更された
(サーチナ)27日 木 8時12分• 2004年 4月 で配信スタート 保守的であることこそが最大のイノベーションだとしている
このサイトを読んでいて感じるのは、中国人でも、反日感情一本やりではなく、いろいろな感情や考え方を持つ人がいることだ 手動によるレート入力も可能になっており、証券会社や銀行等のレートで計算したい場合にもご利用いただけます
中国では日本の「失われた20年」がよく引き合いに出されるが、実際には製造業が衰えてはおらず、今でも高いレベルの技術を保っている 中国ではハンカチを持ち歩く人はほとんどおらず、年配の人の中にはミニタオルを持ち歩く人がいる程度だと指摘した
2005年 9月 の公募案件『中国企業の与信管理FS調査』を受注 論調 [ ] サーチナ側は政治的スタンスについて、あくまでも「中立」であり中国政府機関との資本的関係はないと主張しており、自社サイトにおいても「日本の一企業として、日本の法令に遵守するのはもちろん、当社の中国に対する立場も、日本政府の立場と同一のものを堅持いたします」と言明している
メディア事業 ポータルサイト「サーチナ」(旧・中国情報局、2008年7月に改称)の運営 戦後の日本の製造業は、安かろう悪かろうと言われて薄利多売だったが、今では品質で追随を許さないハイエンド製品を得意とするようになった
日経BP• (サーチナ)26日 水 18時12分• (サーチナ)5時12分• 2021年5月28日 [モーニングスター] 2021年5月28日 [SBI証券] 2021年5月27日 [SBI VCトレード] 2021年5月26日 [SBI損害保険] 2021年5月25日 [住信SBIネット銀行]. 2010年12月10日閲覧 最近特に、「各国のブログから見る日本」というコーナーが面白くて、ハマっている
97