爪 を 噛む 人 の 特徴。 爪を噛む人の心理的特徴8つ

このような行動に似ていて、爪を噛むということが落ち着きを取り戻すという行動になっています。

また爪を噛んでいるのが幼い子どもである場合、親からの関心や愛情を欲しているサインだと言われています。

爪を噛む癖のある男性が、爪を噛んでしまう場合には3つの心理的要因が考えられます。

この時期のクセは成長してからも影響を及ぼし、 大人になってからも 「爪を噛む」という行為として残ってしまいます。

落ち着く 赤ちゃんが指を吸うのと同じで、爪を噛むことによって落ち着きを取り戻す心理状態が働きます。

爪をずっと噛んでしまう 爪を噛んでいる人は単に噛む姿が子供っぽいというだけでなく、手元が見られることの多い大人の社会では噛んでボロボロになった深爪は良い印象を与えません。

ストレスが溜まっている時は感情などのコントロールがしづらくなるので噛むことによって落ち着こうとするようです。

集中しなければならないときや、がんばらなければならないとき、心が落ち着かないとき、不安になるときは誰にでもあるでしょう。

これは子供のころに寂しい気持ちや愛情を埋めるために爪を噛み、そのころに脳が感じた自己防衛能力が染みついてしまった結果と言えます。

しかし、自分を客観的に見つめ直す材料として下記を確認してみましょう。

「物理的に爪を噛むことができない」状態を作ることで癖をなくし、なにか別の方法で心を落ち着かせる対処法を身に着けることができれば、噛み癖は克服することができるでしょう。

愛情不足を感じるのも不安の一種なので恋人に噛みつくことも同じです。

そのストレスを自分の中で対処しようとするため、爪を噛むという行動になります。

ホテルで一夜をともにした人の性癖が噛むことで、痣が消えず精神的苦痛もあるという相談に対し、弁護士は傷害罪が成立する可能性があるので告訴できるとしています。

また、ストレスをため込みやすく、うまく外に発散することができない人、自分のなかでこらえてしまう人は、爪を噛むことでストレスを発散し、心を落ち着かせようとするのでしょう。

誰かに気にかけてほしいという思いが強く、寂しがり屋な人に多いです。

65