ジュンヤ ワタナベ。 「コム デ ギャルソン ジュンヤワタナベ マン」が提案する古くて新しいトラッド 21

みなぎる物欲は、うるさ型のジャーナリスト風情にとっては眩しい限りのスターダストだ オンラインでは体験できないライブならではの醍醐味と書くと特権意識も甚だしいが、団塊の母親世代も聴いていたであろう子守歌に乗せて、ギャルソンファミリーでは極めて異例な30分以上のエアライブ
カジュアルに使えるデイリーウエアがヤングセレブレティーに圧倒的な人気を誇るブランドです 着流しのコンビポンチョ、前面スカーフで背面デニムのスカート、パッチワークで刻んだスカートなど計6種あり、他はオリジナルだ
もしかして、いつも「かわいい」服に身を包んで仲良し友だちとおしゃべりしている女の子たちのことが気になったから? 言葉の端々から伝わってきたのは、今シーズンは「かわいい」がテーマらしいということ 渡辺淳弥が手がけてきたブランドはコムデギャルソンオム
メンズファッションに欠かすことのできないストリートスタイルとトラッドを融合させたジュンヤワタナベマンのウエアが遊び心のある大人の富裕層を虜にするのは当然とも言えます パッチワークや迷彩、プリントitemが多いことでも有名です
これにはギャルソンファンにも大きな衝撃が走りました コムデギャルソン入社後3年でコムデギャルソン・トリコの川久保玲の後継デザイナーとなります
1
にレディースラインのジュンヤ・ワタナベ・コム デ ギャルソンのチーフデザイナーに就任 本作ではその定番モデル576をモチーフに、90年代に誕生した「574」のデザインラインをベースにしながら、各部の構造や靴型をすべて見直し、フィット性やクッション性、グリップ性をアップグレードしています! ルックスだけじゃなく履き心地もレベルアップ! アッパーの構造を根本から見直し、パーツの数や工程を削減したことで、さらに快適なフィット感を追求
ヴェルサーチェのスカーフをカスタムしたコラボレーションアイテム、各年代の501をカスタムしたボトムが充実した もともとパンク好きな渡辺らしいビリビリに引き裂いたジーンズも、スタッズがたくさんついた素敵なブーツも、もちろんあった
現在、コムデギャルソンのメンズブランドの中で最もセレブレティーが愛用するブランドとしても知られています COM(Ippei Saito) その「デニム」と「ロック」の核弾頭が2発、顧客歓喜即死必至の「デニムロック」にシルクのスカーフ柄が加わった今秋冬
特徴的なパッチワーク ジュンヤワタナベ・マンの特徴としてパッチワークがよく挙げられますが、2015年の春夏コレクションでは、東北の農村の「ボロ」や江戸の粋といったジャポニズムの要素をちりばめた、これでもかというほどのパッチワークが話題を呼びました 着流しのコンビポンチョ、前面スカーフで背面デニムのスカート、パッチワークで刻んだスカートなど計6種あり、他はオリジナルだ
フェイスシールドが曇るほどに内なる興奮が湧いて出た 目を引くスカーフ風のテキスタイルは「ヴェルサーチェ」との初のコラボレーション
コムデギャルソン・ジュンヤワタナベマン JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN はストリートモードのパイオニア コムデギャルソンをデイリーウエアに落とし込んだ鬼才. そして2005年から現在に至るまで、同社の副社長を務めています プロスペックなアウトドアプロダクツをジュンヤワタナベマン流に味付けしたハイエンドなアウトドアギアはファッショニスタの間では話題となっています
そしてコラボレートをコムデギャルソングループに浸透させたパイオニアでもあります その触媒となるのは新素材だったり、ひとつのアイディアだったりですが、例えばデニムにヴィンテージ加工を施す、デニムでドレスを作ってしまう、ドローコードで変幻自在にシルエットを変えられる服を作ってしまう、などです
ヘビーメタルやハードロック、グラムロック、サイケデリック、パンクロックなど異なるジャンルを超えて、音楽のように自由に自己表現を楽しむスタイルだ グレーのウーステッドのストライプ地やチェック地の前身頃
コムデギャルソングループの重鎮デザイナー渡辺淳弥が手がける初のメンズブランドに世界中か刮目します 21~22年秋冬は、ロックを背景にしたコレクション
シルバー世代とも言えるたちをイギー・ポップ(Iggy Pop)、トム・ウェイツ(Tom Waits)などのと共に登場させ、ユース、ストリート、アスレジャーなど、この数年続いたメンズのを、ジュンヤらしいリアルクローズに落とし込んだ世界観で提案した スパイクが突き出たチョーカー、リスト、スニーカー
2