輝く 星 の ターミナル。 「輝く星のターミナル」見終わりました。

エリートなスヨンと正反対のトラブルメーカーヨルム。

SFやサスペンスの要素を入れるよりも、ソ・イヌとイ・スヨンのブロマンスをちゃんと描くとか、中途半端なまま終わっている悪役やサブキャラクターたちのエピソードをまとめるとか、終盤は駆け足で進んでしまうという韓国ドラマ定番の展開を覆すなど、そういったところに力を入れて欲しかったですね! まとめ:キャスト、スタッフは豪華なものの、あり得ない設定と伏線がきちんと回収されないまま終わってしまう展開など、不可解な点が多い作品でした。

ヨルムにとっての自分を通過点だとして、彼女との美しい思い出のためなら死をも辞さない覚悟のスヨン それでもヨルムはスヨンの手を離そうとしませんでした
そのこともあり、ヨルムはスヨンにありがたい気持ちを持ち、だんだん仲良くなろうとし始める 一生懸命に業務を遂行するがなかなかうまくいかないヨルムを淡々とフォローしてくれるスヨンには胸キュン
サウンドトラックは『嫉妬の化身』、『鬼 トッケビ 』、『ミスター・サンシャイン』など人気ドラマのサウンドトラックを手掛けてきた音楽監督のナム・ヘソンが指揮を行った作品 再会したヨルムとスヨン
ウェアラブルのトラブルによって、体調が悪くなったスヨンは、ヨルムとの未来よりも、彼女の人生で自分は通過点になる決心をします 滅多に笑わないクールな性格ですが、実は照れ屋な可愛い一面も
「輝く星のターミナル」地上波・BSでの再放送予定2021年版最新情報 輝く星のターミナルの再放送予定について調査しました というのは、仁川空港で再会したシーンでスヨンの顔が映らなかったんです
激務と噂される旅客サービスチームへの異動を命じられる。 最初の1、2話ではヒロインの演技に『ん?』と思うところがありましたが、3話以降一気にはまっていきました。 もちろん一足飛びに解決する問題ではありません。 主な違法アップロードサイト• 40代・女性 お互いにコンプレックスを持った2人が恋をして成長していく物語です。 元々はパイロットになるのが夢でしたが、右腕に抱える秘密のために断念し旅客サービスチームの職員として就職します。 とにかく静かに目立つことなく普通の日常を送ることを切望するスヨン。
「輝く星のターミナル」のあらすじ・感想 ヨルム(チェ・スビン)は、仁川空港の職員として採用された 好きな女優さんの一人です
でもスヨンに生きていて欲しいヨルム 空港という人々の夢や希望を間近で手助けする場所が、実はどんなに大変な職場かわかる気がします
~ストーリー~ 憧れの仁川空港に就職して1年のヨルム(チョエ・スビン)は、仕事で失敗ばかりのトラブルメーカーだった 誰もが一度は利用したことがある空港を舞台に、その場で働く人々のリアルな実態を知ることもできるドラマになっています
それでもう一度ウェアラブルを手に入れて解決ではなく、社会の方を変えようとするアクションを起こしてほしいと思いました スヨンの右腕の秘密を探ろうとするイヌの差し金により、部長からスヨンの体について調査するように指示され、探っていくうちに彼の秘密を知ってしまい葛藤するように
画像出典: チェ・スビン ハン・ヨルム 27歳・女 仁川空港旅客サービスチームの一員 入社1年目 憧れの空港勤務となったがか空回り スヨンに生きていて欲しいと思いつつ、他人の人生にそんな介入をすることができるのかと悩むのです
イ・ジェフンさんのスケジュールの都合で別の俳優がダミーになったの?と勘ぐる私 )を果たしたヒロインのハン・ヨルムにはチェ・スビン(「ロボットじゃない~君に夢中!~」「雲が描いた月明かり」)がキャスティング!ヨルムはやっとの思いで仁川空港に入社したものの、行く先々で事件を起こす人間爆弾と呼ばれてしまう
3