ポケット の 中 の 戦争。 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争|作品紹介|サンライズ

あっそこ右に曲がって!」 出典:「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」 「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」の名言その4「私じゃアレックスは使いこなせないって意味?」 機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争第3話「虹の果てには?」でのクリスチーナ・マッケンジー(クリス)の名言です。

クリス アルの家の隣に住んでいたお姉さん。

悲しい物語だけど、沢山考えさせてくれるそんな作品。

それまでガンダムシリーズを手がけてきた富野由悠季以外が監督した初の作品である。

別居状態だったが最終話で和解し、親子3人で暮らすようになった。

なお、書籍『』では クルト・シュタイナー Curt Steiner と名付けられており、ゲーム『』(セガサターン版) でもこちらの名で登場している 愛称は ドロシー( Dorothy)
他の隊員たちも薄々は感じていた模様だが、作戦を実行して隊は壊滅した アムロ・レイがサイド7でザクのコックピットを貫いた時は爆発しなかったと思うけど. 実際にクリスはある程度の操縦技術を持っていましたが、やはりニュータイプ専用機ということで、本来の能力の数分の1程度の能力しか引き出せなかったわけです
ただし、浪川は後年に発売されたセルソフトCMにおいて成長したアルが当時を振り返るという設定で何度かアルの声を演じている(1999年のDVD発売時テレビCMおよび2017年のBD-BOX発売時テレビCMナレーションの二回) 真偽は定かでないらしい
あらすじ 一年戦争終戦間際の宇宙世紀0079年、12月 【ポケットの中の戦争】解説 『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(きどうせんしガンダム ダブルオーエイティ ポケットのなかのせんそう、英題: MOBILE SUIT GUNDAM 0080 War in the Pocket)は、1989年発売の『ガンダムシリーズ』OVA作品
ガンダムNT-1の開発責任者である この『ポケットの中の戦争』も正式には『 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』という名称の全6話からなるOVA作品です
死ぬんじゃねえぞ」と声をかける 俺もあと1機落とせばエースってとこでやられちゃってよ」 機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争第3話「虹の果てには?」でのバーナード・ワイズマン(バーニィ)の名言です
ゲーム作品における扱い 『』シリーズでは、初期状態では頼りない能力値であるが、高いパラメータの伸び率を持っているため、育成すれば優秀なパイロットとして成長する 次々と困難な任務を課せられる中で、ルビコン作戦自体が囮であることにも気付いており、ジオンの敗戦をも鋭く予見していた
他のメンバーが工場に潜入しガンダムNT-1を強奪するために行動する中、駐留軍の小型MS等を多数撃破しながら工場へ向かう がではなくのであったり、によるが少ない分、に置かれた重がことなどが特徴として挙げられる
なお書籍『M. お互い敵同士だけど何も知らずに出会う、バーニィーとクリスの関係も切なすぎんだよね 北半球は冬であってもシドニーのある南半球は夏だということを知らなかったバーニィの無知が招いてしまったセリフに対する連邦軍兵士のツッコミと言うわけです
27