マラキ の 予言。 新型コロナ、カトリックの性的虐待… 「聖マラキの予言」が的中しすぎていると判明! イタリア感染爆発とも関連!?

そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。
そして、その謹厳さやきちんとした身なりから、コンポシトゥス(整頓された、整った)というあだ名で呼ばれたという。 アルブロンはが1994年1月から2月に開催した展示会「占星術と予言」にも関わっており、同展示会のカタログでは、聖マラキの予言関連の文書は中世の『』の流れを汲む偽書およびその解釈書と位置づけられていた。 百合のマルティヌスの収税局から 1281—1285 Simone de Brion 「その紋章は百合で、のサン・マルタン教会の参事会員・出納役だった」。 「ベネディクト」は、カトリック最古の修道会ベネディクトから由来しており、そのシンボルは「オリーブ」だった。 4つ目は 「鉄のヘビが大地を横切る」という予言です。
56

彼は(古称はバルキノ)の教会参事会員だった人物で、36番と同じく「スキスマ」は対立教皇であることを指す。

白い服を来た教皇と思われる人物が、司教、修道女、司祭と共に険しい山を登る。

以下では、標語、教皇名、解説を原典どおりに記載する。

毛髪を霊力の源とし、とても大切にしてきたインディアンのアイデンティティを取り戻そうと運動に参加した若者は、頭髪を伸ばすようになりました。

ケレスティヌス2世の出身地であるはテヴェレ川沿いにあり、かつてティフェルヌム=ティベリヌムといった。

Malachiae, Archiepiscopi, de Summis Pontificibus)は、の都市の大司教(マラキアス)が行ったとされている、歴代に関するである。

61