召喚 獣 メルカバー。 【召喚獣青眼】

これらの理由で3枚採用しています。
ぱると言います。 先攻で目指す盤面は、フィールドに「召喚獣メルカバー」「教導の聖女エクレシア」「ドラグマ・パニッシュメント」、手札に「教導の騎士フルルドリス」です。 AT16-JP006 《双頭の雷龍》• 《大捕り物》は「メルカバー」による罠無効の種にもなるのでオススメカードです。 なので自分は3枚採用しています。 ですが、この【召喚獣】要素には弱点がいくつかあります。 笑 アレイスター自体カードパワーはとても強く魅力的なのですが、今の環境的には少し誘発が多めなところもありキツい部分もあります。 正直これだけでも昔だったらビックリしちゃいますよね笑 けれどやはり誘発には脆く、召喚魔術までたどり着くことが難しい環境になります。 特殊召喚時または相手の特殊召喚に反応してモンスターを破壊できるカード。 笑 今回のブログ?は以上になります。 遊戯王• 【ドラグマ】の登場により、メインデッキには《影依の偽典》のみでシャドール要素を取り入れ、更に召喚獣まで出張させる構築が誕生しました。

ラクエンロジック• 「召喚師アレイスター」「暴走魔法陣」「テラ・フォーミング」の合計7枚のみです。

確かにこういった使い道ではかなり有用な気がします。

そのルートを今から説明します。

展開パターン まず、先攻・後攻の選択権があれば先攻を選びます。

AT16-JP008 《・》• コレによりドラゴン系の融合素材として回収できるカードも入れれれば回しやすくなるんですけど、《古聖戴サウ》等が相性良いかもしれません。

・強欲で貪欲な壺 除外されてきついのはアレイスターと召喚魔術のみなので、3枚でいいかと思っています。

45