桐生 市 マスク。 繊維のまち桐生「made in 桐生のマスク」|桐生市ホームページ

桐生のおしゃれなシルクマスクの画像や特徴は? 新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が続く中、群馬県桐生市の会社が製造する「洗って繰り返し使えるシルクマスク」が好評になっています。

桐生地域地場産業振興センターでは、桐生産地の商品を販売するECサイト(織物の街 桐生の逸品オンラインショップ)を開設いたしました。

銅繊維シート1枚と布マスク2枚セットになります。

ネット販売に対応した事業者も多いのでどうぞご確認ください。

大き目のプリーツで会話をしてもずれる心配もありません。

なお、タイミングによりキャンセルをお受けできない場合がございます。

皆さんも応援よろしくお願いいたします! 桐生整染商事株式会社 住所:群馬県桐生市巴町1-1123-6 Tel. 内側、キシリトール等の成分が水分を吸収し冷感作用により着用時の蒸し暑さを軽減。

県産シルクで作ったマスク 群馬県のニット生地製造、テキスタイル 昌 ( しょう )(桐生市境野町、伊藤伸一社長)が、群馬県オリジナル蚕品種「ぐんま200」の生糸で作ったマスクを発売した。

2020年4月11日現在で• 同市境野町の「平賢」(平田伸市郎社長)は1930年創業で、こいのぼり、のぼり旗、はんてんなど伝統的な商品の染色を手がけてきた。

販売先 桐生観光物産館わたらせ 桐生市末広町 JR桐生駅構内 0277-40-1888 価格等 キッズ、小学生用不織布カッティングマスク、5枚入り650円 税別 購入方法 店頭販売 その他 日本製(桐生市内で作っています。

マスクの特徴 織物の産地である群馬県桐生市産の日本製マスクです。

返品送料 不良品に該当する場合は当方で負担いたします。

夏用サマードライマスク新発売しました。

今回店主が数あるマスク製法の中からこの「桐生市で作られた生地及び桐生市の成型工場にて作られたマスク」を選んだのは、信頼の機能は当然のこと、コロナ渦であえぐ我々国民と日本の町工場を少しでも応援したい気持ちからでした。

普通のマスクも手に入れよう ネットでは徐々にマスクの流通が回復しているようです。

シルクを使っている点も重要です。

マスクの特徴 舟型マスクは、肌に触れる部分が少なく、息苦しさも和らぎます。

1
株 ミタショー• 商品到着後5日経過後は、返品の受付ができかねます。 中側、抗ウイルス効果を持たせた不織布を使用、花粉等をガード。 また洗えて繰り返し使えて衛生的です。 しかし、どちらも人気で売り切れてしまっています。 ウレタンマスクにシルクプロテインを加工した「シルクマスク」も販売しています。
57