いる 尊敬 語。 よく使われる尊敬語・謙譲語・丁寧語の一覧

したがって、「働く」は「目的達成のために動いていること」で、「務める」は「役割を引き受けること」です。

たとえば「致す」は「する」の謙譲語ですから、相手の行為に対して使うのは失礼です。

自分が主語になり、自分の行動についての表現です。

【状況】 ミーティングに、取引先の会議室を使いたいとき 【例文】 次回のミーティングは、御社の会議室を利用させていただきたいのですが。

【例文】 ・先生がお見えになりました。

90

謙譲語は「務めさせていただく」「務めております」. もちろん「致す」のまま使うのではなく「致します」という形で使いましょう。

「言う」と敬語についておさらい 「言う」はいくつか意味を持っている 「言う」は、言葉を口に出して、自分の考えていることなどを伝えることです。

そのような時に「覚えていることがあれば、何でも話してください」という敬語表現を使うことができるでしょう。

例えば「お伺いした話」というフレーズを作成することができます。

【例2】 話し手A:Bさん、もう、 お帰りになりますか? 聞き手B:はい。

自分より目上の相手に対して発言する時や、社外の相手に対して社内の人間が行った内容を伝える時に使われます。

なぜなら、友達がなにかのことについて忘れてしまっているのか、それとも、しっかりと「覚えている」のか知りたくなることがあるからです。

尊敬語は、敬意を表すべき相手の行動に対して使い、相手の行動を立てて、敬意を伝える表現です。

取引先は目上の人にあたるため「伺う」が使えます。

社長が事業所にいらっしゃいました おいでになりました• 「謙」には「へりくだる」という意味があり、「譲」には「相手にゆずる」「自分の主張を控える」などの意味があります。

よく「れる」をつけて「参られる」という言い方をする人がいますが、これは正しい使い方ではありません。

本日15時ごろ打ち合わせにうかがいます• 明日、説明会に行きます 来る 「来る」の尊敬語は「見える」「お見えになる」「いらっしゃる」「おいでになる」「お越しになる」などがあります。

(敬意は先生のため、尊敬語)• 目安として書いておきます。

69