久慈市ばくさい。 久慈市雑談掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com東北版

進学や就職のためにいったん市外に出た若者を再び故郷へ呼び戻すため。

湾口防波堤の完成後には、広大な静穏域が生まれます。

そのイメージはもう昔の話。 海産物 久慈地域では6月頃~8月中旬頃が生ウニのシーズンです。 手始めとして、子育てと仕事を両立させる親世代をサポートするために、市と市内の小児科がタッグを組んで、保育園児や小学低学年の児童を対象にした病児保育をスタートしました。 技術や通信の発展とともに大学などで学んだ専門スキルを活かせる場が地方に広がっている今、「地方で成長する」という個人の選択肢も広がっているといえるでしょう。 昨年秋には、全国でも最新鋭の設備を備えた日本最大級の鶏肉解体処理工場が操業しました。 そしてこれまで久慈市に縁のなかった人に対しても、情報を発信することでこのまちの現状と魅力を知ってもらい、久慈市で暮らす未来の可能性を感じてもらうために、今回「マチリク」へ参加する運びとなりました。 どんな人でもすっと溶け込める、どんな人でもふっと受け入れる、そんな懐の広さがこのまちにはあると思っています。 また、視点を一次産業に移してみると、漁業のまちとしての側面もある久慈市では「獲る漁業」から「育てる漁業」へのシフトチェンジを模索している最中です。 久慈の現状を正しく知ってもらいたい わたしたちの久慈市は、岩手県の北部に位置する海沿いの町です。 「ここで子育てしたい!」と思えるまちに 現実問題として、仕事があるだけでは人は豊かな暮らしを営めません。
91
現在では製造業をはじめとした企業誘致も進み、人手さえあれば事業を拡張できるのに…という企業の声も多く聞かれるのが現状なのです。 みなさん口を揃えて言うのが、「久慈の人は優しいですね、なんだかいいまちですね」ということ。 たとえば保育所や小学校で子供が発熱した場合、学校から連絡を受けた看護師さんがタクシーで学校へ迎えにきてくれます。 この期間中でも、ウニ漁ができる日が決められており、さらに天候や海の状況によって漁ができない日もあります。 。 これからの製造業は、AIやコンピューターが前線で活躍する時代。 久慈市では今、大学や短大に進学する若者が増える一方で、地場企業の中ではいまだ根強く高卒採用志向が残るなど、雇用のミスマッチが生まれています。
60