三 毛 別 羆 事件。 苫前三毛別ヒグマ事件

その後、事件の犠牲者たちの慰霊碑の建立を計画。 兵吉はこの頃、借金のために銃を質にいれており、たまたま猟を思いたち三毛別付近に来たところ事件を耳にした。 2年8カ月後、かまれた男性が死亡したため、合計死者8人、重傷者3人とする資料がある) この悲劇の舞台となった三毛別には、当時の事件を風化させぬようにと、1990年、復元地が造成された。 亜成獣(3歳)の雌であまり大きくはなかった。 そこへヒグマが襲いかかり、背負っていた梅吉に噛みついた後、3人を手元に引きずり込み、ヤヨの頭部をかじった。 久保田徳満他『苫前町史』苫前町史編纂委員会編、、1982年11月、861頁。 ヒグマに居間に引きずり出されたタケは、「腹破らんでくれ!」「のど喰って殺して!」と胎児の命乞いをしたが、上半身から食われ始めた。 :1923年8月21日至24日,發生在北海道的幌新地區,造成5死3傷。 區長大川與三吉之子大川春義(おおかわ はるよし、當時7歳),因為受到此事件的刺激而立志成為獵熊人,在其62年獵熊生涯里共射殺了102頭熊。
30