マックスバリュ 西日本 2 ちゃんねる。 マックスバリュ西日本

(07月01日)• (04月09日)• (02月20日)• (02月06日)• 新店活性化推進グループは、マックスバリュ事業の新店と活性化を営業部、商品部などと調整して具現化するとともに、新店・活性化店舗の進捗管理をする。

(07月09日)• (01月04日)• (04月25日)• (05月20日)• (07月06日)• マックスバリュ西日本 カテゴリニュース一覧• (05月18日)• ザ・ビッグ商品統括部組織下には、現行の生鮮デリカ商品部、グロサリー・リカー・デイリー商品部、ノンフーズ商品部、スーパーバイザーグループ、商品企画グループを配置する。

(03月05日)• チェーンストア同期比はチェーンストア協会販売統計の前年同月比の店舗調整後数値になります。
(03月07日)• (01月10日)• (09月09日)• チェーンストア同期比はチェーンストア協会販売統計の前年同月比の店舗調整後数値になります (04月13日)• (05月18日)• (10月04日)• (01月06日)• (03月07日)• (03月27日)• (04月19日)• (08月19日)• (10月03日)• (01月04日)• (06月12日)• (11月16日)• (07月02日)• (06月09日)• スーパーバイザーグループは、営業統括部が取り組む「売場基準」 の実現に向け、店舗従業員の OJT教育、商品化や売場出来映え向上に向けた技術指導をする
2016年2月期から売上高同規模比及び売上高前規模比は、決算等で使用している売上額(売上高-売上値引)を元に算出しております (06月15日)• (09月07日)• 同規模比は、前期と当期の新設店舗及び閉鎖店舗を除いた前年比です
(10月07日)• (09月24日)• 販売促進部は、店舗の販売促進、メディア販促の企画と遂行、売上・客数の管理監督を行う (07月08日)• (03月15日)• また、モデルを確立・水平展開していくことで、店舗収 益改善に向けた具体的な改善提案を行う
(08月01日)• (10月23日)• (01月11日)• (10月03日)• (04月11日)• マックスバリュ西日本 カテゴリニュース一覧• (07月22日)• (07月08日)• (12月08日)• (10月06日)• (07月02日)• (07月05日)• (08月22日)• 生鮮デリカ統括部組織下には、農産商品部、水産商 品部、畜産商品部、デリカ商品部を配置した
(10月10日)• (04月12日)• マックスバリュ西日本は2月26日、機構改革を実施した (08月17日)• (2021年3月1日〜2022年2月28日までを対象としております
(10月10日)• (03月07日)• (05月25日)• 商品本部は、顧客視点に立った「売れる商品」を提案することを使命とし、生鮮の商品力強化、独自性のある商品開発、志向変化に対応したMDに集中して取り組む (10月28日)• (05月25日)• 2020年度の政策である「基本の徹底」を他が真似をできないくらいに徹底してやり抜き、顧客本位の売場を実現させ、V字回復させるための重点施策を確実に実行し、結果を出す組織に変更するもの
(02月27日)• (07月09日)• 例)4月にA店が閉店した場合、3月月次にはA店を売上高同規模比対象として計上しておりますが、4月度、半期、年間計では同規模対象外としている為 商品本部は、顧客視点に立った「売れる商品」を提案することを使命とし、生鮮の商品力強化、独自性のある商品開発、志向変化に対応したMDに集中して取り組む
(10月28日)• (04月09日)• (08月05日)• ザ・ビッグ営業統括部組織下には、5営業部(販売部から改称)とザ・ビッグ営業企画部を配置する (11月10日)• (07月01日)• (06月06日)• (01月13日)• (08月05日)• (04月20日)• (08月17日)• (01月10日)• (10月24日)• (04月20日)• (03月27日)• (07月08日)• (10月23日)• (05月18日)• (03月31日)• (02月04日)• ストアオペレーショングループには、発展的解消する業務改善部機能を移管し、店舗のオペレーション改善、人的効率向上を企画・遂行、チェッカーと後方の教育訓練を遂行する
(12月08日)• また、モデルを確立・水平展開していくことで、店舗収益改善に向けた具体的な改善提案を行う (04月23日)• (05月23日)• (11月28日)• (04月25日)• ストアオペレーショングループには、発展的解消する業務改善部機能を移管し、店舗のオペレーション改善、人的効率向上を企画・遂行、チェッカーと後方の教育訓練を遂行する
73

(07月07日)• (02月06日)• (04月23日)• (06月22日)• ザ・ビッグ営業企画部は、販売促進機能、新店・活性化推進機能を持ち、店舗の販売促進、メディア販促の企画と遂行、売上・客数の管理監督、ザ・ビッグ事業の新店と活性化を営業部、商品部などと調整して具現化するとともに、新店・活性化店舗の進捗管理をする。

(03月07日)• (01月10日)• (10月10日)• (06月09日)• (09月08日)• (08月22日)• (10月06日)• (04月05日)• 商品本部組織下に生鮮デリカ統括部と、デイリー商品部、ノンフーズ商品部を統合したグロサリー・リカー・ノンフーズ商品部を配置し、ロジスティクス部を新設。

(09月25日)• (2021年3月1日〜2022年2月28日までを対象としております。

(12月22日)• また、2020年度の政策である「職場の改善行動」の推進事務局として、活力ある組織風土の醸成に取り組む。

(10月07日)• (04月21日)• (01月26日)• (08月21日)• 国内店舗のデータであり、中国の店舗分は含まれておりません。

(08月19日)• (02月20日)• (03月28日)• (09月28日)• (02月04日)• (05月23日)• (07月22日)• (06月04日)• ザ・ビッグ商品統括部は、顧客視点に立った「売れる商品」を提案することを使命とし、生鮮の商品力強化、独自性のある商品開発、志向変化に対応したMDに集中して取り組む。