ウイニングポスト 9 繁殖 牝馬。 はじめての自家生産で知っておきたい16のポイント(ウイニングポスト9攻略)

騎手は、能力が高いに越したことはありません。

ただ、S+になったからといって、強い馬がボンボン生産されるかというと、そんな感覚はいまのところないです 仔だしはそこそこだが血統構成が素晴らしい
自家生産の流れ では、ここから自家生産について具体的に書いていきます buy cialis 20mg• 上画像の場合、シュウザンキングのアメリカンJCC勝利でトーワダイヤ、アリナレ、ビウチーが牝系図に登録されます
また、年末の海外輸入牝馬についてはランダム性があるので、必ずしも登場するとは限りません 馬にあった作戦で臨む場合が多いですが、それで勝てなかった場合、他の作戦に変更すると勝てるときがあります
血統内に種牡馬因子(名種牡馬因子=銀色、大種牡馬因子=金色)、能力因子がなるべく沢山ある馬を選ぶ AGrorryquar さん• というか、仔だしの高い種牡馬から候補を選び、配合評価と爆発力のバランスで決めるのが最も効率が良いが、仔だしはマスクパラメータでゲーム内では確認できない
血統的な価値がやや低いが、強い馬を生産する必要がある序盤の系統確立への貢献度は多大なものを期待できる 【良質な繁殖牝馬の見分け方】 1. ミルリーフ系の直仔牝馬は序盤は貴重ですよね
こちらはアローパラディシアと瞬発力と勝負根性の値が丁度入れ替わりという点が違う このクソサイトのせいで騙されたわ、さっさと閉鎖しろゴミ. ボーナスは最大で2段階あり、1頭のライバルだけでは1段階しかボーナスを得られない
この記事ではウイニングポスト9において、ゲーム開始後数年くらいまでに登場するお勧めの繁殖牝馬を紹介していきます したがって、なるべく高い能力を保持し、かつ好成績の父と母を準備しましょう
エリモカブト、カズヒデ、イスズヒメ、イスズアローも子孫の重賞勝利で登録されます アウトブリードとインブリード 配合を考えるにあたって、まず必ず知っておきたいのは、【アウトブリード】と【インブリード】です
13
おまけに当時の国内種牡馬で最良レベルの馬が掛け合わされており、良血である 牝系図で確認できる現役繁殖牝馬が5頭以上• テスコボーイを系統確立させることを前提に、この馬にテスコボーイを付け、基幹牝馬を生産するのがセオリー
テスコボーイを系統確立させることを前提に、この馬にテスコボーイを付け、基幹牝馬を生産するのがセオリー そういうことで、仔だしというソートはないので、上記のようなソートが早いだろう
時代が進むにしたがって、系統を確立する種牡馬も減ってきますので、生産しながら意識的に系統の確立をしていくといつの時代になってもそれなりに系統が確立され、爆発力を確保することができるようになります しかし、特筆すべきはその仔だし
その質問への答えは明確にありまして、要はですね、色が多い方がなんか得した気分になるからですwww ・・・というのは冗談で、能力因子とそれ以外の特性因子が付く馬というのは、基本的に能力が高いことが多いからです スピード面は余り望めないですが、スタミナ面に優れた仔を出してくれます
しかし、血統的には、最序盤の日本トップクラスに有用である ある程度まとまったサブパラを有しており、それほど育たなくても上記画像くらいにはなる
牝系に属している初期史実繁殖牝馬 以下は初期状態(91年)で何れかの牝系に属している史実繁殖牝馬です ウイニングポスト8では生まれた段階である程度能力が決まっているイメージでしたが、今作では、結構成長します
このように重賞未勝利の繁殖牝馬で牝系図の頭数を増やすことが、名牝系昇格を目指す場合は重要です ただ、インブリードもスピード因子を2つもつ馬をインブリードするとかもできるので魅力的です
能力因子とは、SP(スピード)、ST(スタミナ)、パワー、柔軟性、勝負根性、瞬発力、である 格の高いライバルとのライバル度が高く、直接対決で多く勝利しているほどボーナスの恩恵を得やすくなる
に dosute より• シャイニーガール• La Troienne系(元ドクサ系)は高い確率で自然昇格します ここでさらにシャーペンアップ系確立がなればエタン親系統なんてことにw これはいい具合にコスパ配合の一助になるのではないでしょうか
86