円 グラフ 作成。 円グラフをウェブ上で簡単に表示させる方法 [ホームページ作成] All About

円グラフのレイアウト編集 パーセンテージ表記と分類名 グラフ要素>データラベル>その他のオプションをクリックすると、画面右側にデータラベルの書式設定を開くことができます。

ほどほどにしましょう。

1 つ目と最後の次の開始時間が同じになっていると、ちょうど 24 時間分になります。 これはデータの基になる表の作り方に気を付けさえすれば、後は簡単です。 今回だとオレンジ以外の項目は白色に設定します。 大抵の場合は、数値が小さいものを補助円にすると思うので、こちらの設定が便利です。 これで、値のラベルから、パーセンテージのデータラベルへ変更されます。 「 図形の高さ」と「 図形の幅」に任意の値を指定することで、グラフエリアのサイズが揃います。 黄色の部分が左になるように回転してみました。 下の明るい場所が、先ほど2つのグラフで選択した場所ですが、そのセルを含むようにピンクの四角で囲んでみました。 円グラフはどんな場面で使うべきか? 円グラフはもっとも一般的なグラフといってもいいのですが、安易に使うのは禁物です。 今回は、「アジア」の国々を赤系、「アメリカ」の国々を青系、「ヨーロッパ」の国々を緑系の色に塗り分けてみた。
データの並べ替え それに合わせて、作成済みの円グラフも「データの並び順」が更新される。 ラベルの名称を変更する さらに、メインのグラフの補助円部分は「その他」というラベル名になっていますが、必要に応じて変更した方が良いかもしれません。 ここでは、通常の「円」を選択しました。 立体的がゆえに円が歪んで見えるため、グラフの面積や割合を正しく読み取れません。 「予定」と「開始時間」と「経過時間」の列を作成します。
93