ワイルド ターキー レア ブリード。 ワイルドターキーの種類 レアブリード・フォーギブン・限定ボトルなど

さらに2009年、イタリアの酒類メーカーであるカンパリ・グループが買収して現在に至ります。

生産量に限りがあり、ボトル一本一本にバッチナンバーが記載される高品質の味わいは、ぜひロックかストレートで愉しみたい。

Actual product age may differ from the image if the product name does not otherwise specify. 1980年初頭流通の「12年 ビヨンドデュプリケーション」、そして「12年 ゴールドラベル(Cheesy Gold Foil)」がオークションなどでは高値で取引されています。

ただ、何かで割るなら、そもそもターキーは風味が強いので向いてないです。

その名に相応しいワイルドな味とも言えますが、好き好きはありそうです。

バーボンが生まれた歴史は古く、1789年の6月14日に エライジャ・クレイグという牧師が作ったウィスキーがバーボンの始まりだと言われています。

ワイルドターキー・ライ 値段: 約3500円 従来のワイルドターキーに比べ、ライ麦の割合を増やしたウィスキーがワイルドターキー・ライです。

さいごに 原料や製法にこだわり抜いて造られているワイルドターキー。

1970年、バーボンの製造に本格的に取り組もうとするオースティン・ニコルズ社によってリピー蒸留所が買収されました。

そして、ワイルドターキーの香りを存分に楽しみたい場合は、同量の水を注いで飲むトワイスアップも向いています。

97
また、アルコール度数80度以下で蒸留することや、内側を焦がした新しいオーク樽で熟成するなど厳しい決まりがあります。 重厚でクセの強い、香り高いウイスキーです。 ワイルド・ターキー13年• タイプ:バーボン・ウイスキー• 純粋な蜂蜜とワイルドターキーをブレンドしたリキュールです。 6年、8年、12年熟成の厳守をブレンドし、加水を一切行わずにボトリングしています。 ローレンスバーグ近辺にはバーボン・ウイスキーで有名なフォアローゼスの蒸溜所もあります。 特にジミーラッセル氏は、半世紀以上の経験を持つバーボン業界の大御所です。 バーボン特有のクセのある香りは薄く、熟成感の強い豊かな香りがあります。 仕込みや加水の際にこのライムストーンウォーター使用する為、同州では上質なバーボン・ウイスキーを作ることができると言えます。 ワイルドターキーの種類 ワイルドターキー スタンダード By: ワイルドターキーは、穀物の甘味やモルトの香りなど、複雑で芳醇な風味が特徴。 まとめ. バーや自宅で飲むときの参考にしてみて下さい。