軌跡 シリーズ。 時系列/各作品の時系列照らし合わせ

「閃III」以降の変化 リベール国籍を取得し、《カプア特急便》の支社長を務めている。

のヒットを受け、英雄伝説シリーズとしては初めて、をオリジナルプラットフォームとしている 準遊撃士が正遊撃士になるには5支部全てからの推薦状が必要になる
ランディ、ノエルと同様、クロスベル総督府により監視がつけられていることが語られている 佐官にすぎないリシャールを「」と呼んでいるが、これはリシャールもあまり良く思っていない
魔女の眷属(ヘクセンブリード) 《焔の至宝》を受け継いだ一派の末裔 遊撃士 [ ] エステル、ヨシュア、カシウスについては「」を参照 シェラザード・ハーヴェイ 登場作:『空』P・『暁』P・「閃IV」O・『創』O 声: ロレント支部に所属する女遊撃士
先進技術の研究開発にも注力している 結社《身喰らう蛇》が運用する戦闘空母で 、使用には《盟主》の許可を必要とする
ヴェルヌ社 カルバード共和国に本拠を置く巨大総合技術メーカー 「閃I」終盤で始まり、「閃II」を通して描かれた
詳細は「」を参照 作品本編の時代も現役で発明を続けており、作品中ではその発明品を用いてエステルらにたびたび協力する
PS3:、 PS4:• 2至宝はそれぞれ《焔》の灼獣と《大地》のアルグレスの2聖獣によって行く末を見守られていた その正体は、作品本編の時期よりおよそ1200年前にを封印するため、とによって造られた騎士人形
七耀石の欠片は セピスと呼ばれ、戦術オーブメントにセットするクオーツの原料となる 「the 3rd」から「零」にかけてのエステルとヨシュアが不在の期間もリベール唯一人のA級遊撃士として実績を上げていたらしく、「暁」では市民にも犯罪者にも名前が知られている
基本的に軍用だが、エレボニア帝国の貴族では私有している者も少なくない アーツ [ ] 本作における魔法は 導力魔法( オーバルアーツ、通称: アーツ)と呼ばれる
8
本社は王都グランセル。 「SC」でスポット加入する他、「FC」では武術大会で対戦相手として当たり、「the 3rd」では《影の国》によって守護者として再現され主人公たちの前に敵として現れる。 バーゼル理科大学との産学共同で設立された。 今回発表のあった『英雄伝説 黎の軌跡』では物語の舞台が大きく移り、新たな主人公のたちの登場により「軌跡」シリーズの物語がより加速していきそうだ。 この形態ではアポストールアルファ、アポストールベータという小型の人形兵器を無尽蔵に生み出すほか、ダメージを与え過ぎると「デスレイジ」という強力な必殺技で反撃を行う。 「クルガの民」と呼ばれる独自の文化を持つ民族によって構成されている。
77
ロイド・バニングスら特務支援課の活躍により解決する その後、女王生誕祭の武術大会に兄たちと参加し、ロランス・ベルガー率いる情報部特務兵チームと互角に渡り合ったが、ロランスが動き始めた途端に戦局が傾き敗北した
空の軌跡the3rd SCの後日譚 Switch:• 七耀暦371年に、皇帝ヘクトルI世がとの助力を得て、《緋の騎神》テスタ=ロッサを起動し、《暗黒竜》の討伐に成功し、帝都を奪還する
蛇の使徒(アンギス) 《結社》の実動部隊幹部で、各々が何らかの特殊能力を持つ 西風の旅団(にしかぜのりょだん) ゼムリア大陸西部において「赤い星座」と双璧をなす猟兵団
とくに 空の軌跡をプレイしている人にはかなりワクワクした展開になっているので、前作を未プレイだと楽しさ激減!おそらく半分も楽しめないでしょう 森林と湖に代表される風光明媚な自然を有しており、諸外国からの観光客が多く集まっている
大陸西部に位置し、西はエレボニア帝国、東はカルバード共和国と国境を接し、両国に挟まれている 国土の東部では、「龍脈」の枯渇によるゼムリア大陸東部の砂漠化の浸食が進んでおり、こちらも問題となっている
ニーズヘッグ 「閃I」及び「閃II」のエレボニア帝国内戦において貴族連合に雇われた猟兵団 先に解説します
『VII』に登場する神狼によって行く末を見守られていた 霊力を利用することで魔導の力を使うことが可能
20