ヤマト b2 不具合。 送り状発行システムB2クラウド

画面操作の後に、接続エラーが出てしまった ブラウザの戻る、または進む機能を使って、画面を移動していませんか? ヤマトのビジネスメンバーのページを利用中に、何度もブラウザの画面から移動をすると、ページにつながらないことがあります。 不正なアクセスを避けるためのエラーなので、再ログインしてみましょう。 スクリプトエラーの場合は• ちなみにGoogle Chromeでは、Adobe Acrobat Readerがなくても、送り状の印刷画面を開くことができます。 ヤマトの送り状発行システム(B2クラウド)の障害の原因は何? ヤマト社員の給与明細閲覧ページへの多数同時アクセスが原因? 2019年9月24日午前11時頃に起きた、ヤマト運輸の送り状発行システム不具合の原因は何なのでしょうか。 クライアント版B2からB2クラウドへの移行でボロボロになってからそろそろ1年。 ブラウザのキャッシュクリア• 障害発生からおよそ7時間が経過した9月24日18時時点でも、不具合の原因については「確認中」となっており詳細は判明していない様子です。 ブラウザに「Microsoft Edge」を使っている Microsoft Edgeは、ヤマトビジネスメンバーズの推奨環境外になっているため、送り状を印刷できないことがあります。 その他 5項目から選びます。
50
下側にある「レベルのカスタマイズ」をクリック 送り状発行システム• 12以外の場合は、印刷できない可能性もあるので注意しましょう
ただ、 ネコポスや代金引換の発送は手書きの送り状では対応していないため、システム復旧まで待つほかありません 「お客様コード」がわからない時は、• エラー表示が出たまま、ヤマトビジネスメンバーズのページに、アクセスし続けない• 反対に無理やりページにアクセスし続けても、エラーが解消されることはほとんどありません
「スクリプトエラー」の表示が出た場合は、閲覧しようとしたサイトの情報が正しく表示されない可能性があります 「印刷ダイアログ」のポップが、表示されにくいので注意しましょう
クライアント版B2からB2クラウドへの移行でボロボロになってからそろそろ1年 ブラウザの情報「キャッシュ」が溜まっている いつも同じブラウザを使って、ネット情報にアクセスしている人も多いですよね
そのため今回の場合、ヤマト運輸が直接障害復旧作業にあたっているわけではなく、パブリッククラウドを提供しているクラウドプロバイダーが行っていると思われます Mac OSを利用している場合は、Mac OS 10. ただし白紙の送り状は「ご依頼主」欄も白紙で一枚一枚「届け先」と「ご依頼主」を書かなければいけないため、件数が何十件、何百件もある場合は現実的ではありません
下にスクロールして、「スクリプト」の項目を確認してみましょう ご利用には「ヤマトビジネスメンバーズ」へのご登録が必要です
お客様コードがあれば、詳しい情報をいち早く把握できるので、対応がスムーズに進みやすいのです 9月26日7時 最新情報追記 障害発生から2日が経ちましたが、まだしばらく復旧に時間がかかる見込みとのことです
次は「セキュリティ」をクリック 「送り状発行システムB2クラウド」は、その名の通りクラウドサービスであるため、ネットワーク障害などが生じると使えなくなる可能性があります
9~12桁の数字+3桁の数字 が、「お客様コード」です 「Microsoft Edge」以外のブラウザで、ヤマトの送り状を印刷する Microsoft Edgeのブラウザは、ヤマトビジネスメンバーズで送り状を印刷する場合、推奨環境外となっています
74