宇多田 ヒカル first love。 宇多田ヒカルの歴史的名盤はこうして生まれた 関係者が語る15年目の『First Love』

Another Chance• 発売から1か月後には累計500万枚を超え、 日本国内のアルバムセールス歴代1位を記録した。

当時、15歳。

売上推移 [ ] 発売20週目までのオリコンによる集計 登場週 順位 週間売上枚数 累計売上枚数 1999年3月22日付 1 2,026,870 2,026,870 1999年3月29日付 1 717,610 2,744,480 1999年4月5日付 2 761,340 3,505,820 1999年4月12日付 2 614,440 4,120,260 1999年4月19日付 1 428,520 4,548,780 1999年4月26日付 1 222,230 4,771,010 1999年5月3日付 2 229,550 5,000. 累計出荷枚数96万枚のヒットとなる。

限界値、一つのピークに行き着いた感じがあったんです」(『ヒットの崩壊』) 1999年の夏、アルバムの出荷枚数は800万枚を突破した。

First Love -featuring 4:19 基本的にボーカルや主な楽器はオリジナル・ヴァージョンと同じだが、デイヴィッド・サンボーンによるサックスが使われている。

背景 [ ] 宇多田ヒカルは、歌手の母・との父・の下で、小さい頃からスタジオで多くの時間を過ごしてきた。

71

CD(通常の)。

の帆苅智之はの記事で、本作での宇多田のメロディへの言葉の乗せ方に注目。

First Love -Strings Mix 4:20 ストリングス・アレンジ: ストリングスがメインのである。

売上枚数にびっくり。

15th Anniversary Deluxe Editionのみ収録。

Automatic [TV Mix]• First Love [2014 Remastered Album] [ ]• ニュース番組や新聞が現象を取り上げ、ワイドショーや週刊誌がその姿を追い回した。

36