ダーク ナイト ライジング。 映画『ダークナイト ライジング』ネタバレ感想と考察評価。バットマン三部作最終章で人々が“継承”したものとは?

その頃、ダゲットのもとにセリーナが現れます。

この点から、失意に暮れていたブルースの中には「ゴッサムのため戦いたい」という思いが燻っていたのかもしれません。

普段Amazonを使う方なら「とりあえず入っとけ」サービスでもあります。

その様子をマスクを失ったバットマン、ブルースは奈落で一部始終を見せられていました。

ゴードンは市民に知らせるべきだとして、最後にバットマンの正体を問うが、バットマンは公開を拒否する代わりにゴードンにヒントを与えて飛び立つ。

実はテイトこそが「奈落」から脱出した子供であり、その正体はラーズの実の娘であるタリア・アル・グールであり、自分の脱獄を助けてくれたベインを仲間に引き入れて一連の事件を首謀した黒幕だったのです。

脚本や絵コンテ、関係者インタビューなどの周辺情報を徹底的に精査することで対象となる作品への理解度を深め、その上で映画内部に込められた クリエイターの意図を的確に汲み取ることが重要なのです。

監督はクリストファー・ノーラン。

61

またノーランは以前より自分が監督している限りが「若いバットマン」を演じ続けるので、はシリーズに登場しないと説明した。

タンブラーが大好きな僕にとっては、監督がタンブラーのデザインにどのような意味を込めたのか、キャターや世界観ともマッチングさせるためにどのような工夫を凝らしたのかなど、様々なエピソードがどれも興味深くて非常に楽しめました。

そこで「の世界に登場する物は全て合理的に説明がつき、明確な存在理由がなければならない」と力説したのだそうです。

でも分かるんです。

そのために必要なものが 『客観的な事実』です。

88