お前 が 始め た 物語 だろ。 これはお前が始めた物語だろ!進撃の巨人121話ネタバレで手を下すグリシャ

それを、グリシャの思想に囚われていると指摘するエレン。

135話まで読んだ上での解釈と想像になるので、自分の中ではかなりリアルな想像として歌詞を読み解いています。

「元はと言えば、お前が引き起こした事だから、お前が片をつけろ」を婉曲に表現したまで、とも取れますが…いやそれも少しはあるかも。

そして、進撃の巨人の能力についてもついにわかりました! もう、衝撃的すぎて、いま放心状態です。

アニメはFinal Season、原作は大詰めのタイミングなので、これは進撃の世界の根幹に関わるような、重要な意味を含ませているんじゃないかと思いました。

54

進撃の巨人アニメFinalSeasonED「衝撃」歌詞と比較検証! では、このグリシャの人生を表した言葉を連想させる進撃の巨人アニメシーズン4(FinalSeason)EDの歌詞。

ありがとうございます。

「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より ちなみにこの2場面は、その前後でのセリフも対比となっています。

「ユミル、全てのユミルの民の生殖能力をなくせ!」 そしてユミルはゆっくりと立ち上がり、ジークとエレンがいる反対方向へ歩いていく。

いつでも計画を実行できる立場にいることを忘れるな」 「ただ、お前を放棄したくないんだ。

進撃の巨人ネタバレ121話:グリシャと対話するエレンとジーク レイス家を殺したことで、後悔している様子が見えるグリシャ。

>> 進撃の巨人ネタバレ121話:レイス家とグリシャとの対話 レイス家に対して、壁の外から来る巨人を殺してくれと頼みます。

52

ファルコがメインの映像になっているので、ファルコ自身の言葉なのではと考えたくなりますが、一人称が僕だったり私だったりとまとまりがありません。

人々を救う医者である自分が、子供たちを殺すことはできないと。

ミカサはこれまでの記憶を取戻す. 小説の中の登場人物は個々の意思によって結末に向けて物語を転がしていきます。

まず、いずれも、グリシャが始めた物語だと言ってる点です。

そして巨人の一体にグリシャを食わせようとしていたグロスを、突然巨人の目の前に突き落とした。

クルーガーは「俺はここで同胞を蹴落とした日から」と述べています。

楽しそうに、笑顔になるエレン。