トム チット トット。 短歌と文「 せぼね 」|千夜一夜しろ|note

「そうだ、今日、面白いもの見たよ。

トム・ティット・トット。

まだ一枚も戻ってこないわ。 59
次の日になりました。 リーズはこの黒い小さなものがなんなのか、良く考えもせず、 「ええ、いいわよ。 マジぶらぼ~ シナリオ2 リーズは自分の分を悟り、城を退き下がった。 ちなみに訳では「こおに」としています。 ジョセフ・ジェイコブズ 1854-1916 「トム・チット・トット」は民話なので、原作者不明である。 リーズは小人のつくった糸を王様に渡しました。
五かせ一度に糸つむぐ。 。 そうなると、とても明日の朝まで待てません。 リーズは驚きました。 「面白そうな歌だな、もう一度聞かせてくれないか?」 お母さんは、娘の事を正直に歌う事が出来ず、慌てて違う歌を歌いました。 どちらも民話らしい、とてもスリルや不可思議に満ちたおはなしで、 何より、言葉が洗練されているように思いました。
94