玉音 放送。 【玉音放送とは】全文ふりがな&現代語訳を紹介!!意味(内容)やその後を解説!

『』(2015年、監督、) 小説 [ ]• を受けて、1945年(昭和20年)、はにおいてが昭和天皇のを仰ぎ、にから示されていたの受諾を最終決定した(いわゆる)。

それから一時間くらい口々に勝手な話で、終いには汽車も来ないので線路歩いて帰らんなんと。

この章、竹山昭子『玉音放送』(、1989年、)、および『戦争と放送』(、1994年、)より。
のちにこれがNHKに寄贈され、現代まで伝わっている 3。 東京 世田谷 の実家に帰った時は空襲警報が鳴ると電気を消して庭の防空壕に飛び込むという生活だった。 の『』・『』では父・とで玉音放送を聴くが、その際もが動いていたことが描写されている。 勤務していた軍人は軍の部隊で聞いたものが大半だった。 「大東亜戦争」というのは、アジア・太平洋戦争の当時の呼び方。 それでは、わたくしはどうしてわが子どもにひとしい国民大衆を保護し、歴代天皇のみたまにおわび出来ようか。 厚いコンクリート造りの半地下室内で、外部アンテナを伸ばすだけでよく聞こえたという 1。 半世紀前の文なので、漢語がやたら難しく、漢和辞典のお世話になったが、読み進める内に、込み上げる涙で喉が詰まるという事態に立ち至った。

彼らは森師団長を殺害した上で、偽造の命令によって近衛師団の部隊を動かし皇居を占拠、外部と遮断しました。

内容が難解であっても詔書の朗読に込めた昭和天皇の気持ちはその「声」から伝わったのである。

(カイロ宣言の要旨)• (27KB) 4分40秒 この音声や映像がうまく視聴できない場合は、をご覧ください。

昭和天皇は詔書をしてにさせ 、翌15日より放送により国民に詔書の内容を広く告げることとした。

すると12時の時報の後 天皇陛下の玉音放送が始まった。

確かにそうですね。

公式には終戦の詔書が最初の玉音放送であるが、(昭和3年)のに、のが昭和天皇の肉声を意図せず拾ってしまい、これが放送されるというアクシデントが一度起こっている。

32
Moreover, the enemy has begun to employ a new and most cruel bomb, the power of which to do damage is indeed incalculable, taking the toll of many innocent lives. この戦争がはじまってからすでに四年を経過した 同じく兵力使用計画に関与したは戦史編纂官を経てで研究員を務めた
詔書(昭和天皇の録音盤再生)• すべて良好に受信していれば正しく理解できたものと思われるが、この部分を聴いたという証言はほとんどない 玉音放送を聴く周囲の人々の雰囲気などで事情を把握した人が大半だった
そればかりでなく敵は新たに残虐な爆弾を広島、長崎に投下し、多くの罪なき人々を殺傷し、その惨害はどこまで広がるかははかり知れないものがある はこの文章を「 制限の下に置かれる」と訳し、あくまで終戦を進めようとしたのに対して、では「 隷属するものとする」であると解釈し、天皇の地位が保証されていないとして戦争続行を唱える声が大半を占めた
宮内庁に保管されていた終戦時の玉音盤は5枚であった 午前11時30分過ぎ、放送会館のスタジオ前で突如1人の憲兵将校が軍刀を抜き、放送阻止のためにスタジオに乱入しようとしたが、すぐに取り押さえられ憲兵に連行された
竹下中佐は陸相印を用いて大臣命令を偽造しようと井田中佐に示唆したが、井田は既にクーデターの失敗を悟っていた 又官公署、事務所、工場、停車場、郵便局におきましては、手持ち受信機を出来るだけ活用して 国民もれなく厳粛なる態度で かしこき御言葉を拝し得ますよう 御手配願ひます
正午の時報• ラジオの普及率が低かったり故障が多かったりしたため、このような聴き方をした地域も多かったのだろう 玉音放送は、日本電気音響(現・)製のDP-17-K可搬型円盤録音機によって、同じく日本電気音響製の、規格準拠のアセテート盤(セルロースコーティング録音盤)に録音された
We are keenly aware of the inmost feelings of all ye, Our subjects. 確かに、この詔勅を読めば、何故この終戦の詔(みことのり)が「昭和の御聖断」と呼ばれたか、初めて納得が行くのだ 2015年以降、毎年8月15日正午からノーカットで配信する
もう一つの詔書案 [ ] 広く知られている終戦詔書の他に外務省が作成したもう一つの詔書案がある 『挙国、一家』などという言葉すら、戦前の軍国主義への偏見やヤクザの一家という、ものすごく歪曲されたイメージでしか見られないという始末だ
] 『朕(ちん)、深く世界の大勢と、帝国の現状とにかんがみ、非常の措置をもって、時局を収拾せんと欲し、ここに忠良なる汝臣民に告ぐ あなた方国民は、これら私の意をよく理解して行動してほしい