ピューリタン 革命。 清教徒革命はなぜ起きたの? 革命の中心人物や詳しく学べる本を紹介【親子で歴史を学ぶ】

98 32

浜林(1959)、P80 - P81、今井(1990)、P187。

そのような状況下でチャールズ1世は、「王権は神より与えられたものであり、人民は王に反抗することはできない」とする「王権神授説」にもとづいて政治を実行。

英語の「ピューリタン(Puritan)」の和訳が「清教徒」となります。

いっぽう穏健派は、盟約の目的は長老制の確立のみであり、スコットランドは国王のもとに帰するべきと考えた。

反議会派を一掃します。

54