セルフレジ お 酒。 セルフレジがあっても使わない人も多い?セルフレジが抱える課題とは

すると、最も割合が高かったのは「どちらともいえない」で6割を占めるものの、約4割が「良くなった」とポジティブな印象変化をもっていることがわかりました。

セルフレジの利用が困難な人も セルフレジの利用を避ける人のなかには、子連れの方や高齢者なども存在します。

94 36
利用場所、そのほとんどが「スーパー」 飛行機内でwi-fiが使えるようになったら、いつでも仕事しないといけない!便利なのも困る! という意見を思い出してしまいました
商品をスキャン• 普通のスーパーであれば先ほども書いたように店員に年齢確認をされる可能性もありますが、セルフレジは店員ではなく 専用の機械がお会計をしてくれるため未成年者でもこっそりお酒を買うことが出来ます セルフレジでは買い物客が自ら商品を一つずつスキャンし、スキャン後の商品を袋に詰めていきますが、セルフレジのスペースが狭く、袋詰めが不便と感じる人が多いとのこと
ただし、その反面、機械化により高齢者層を中心に生活がしづらくなるなど、さまざまな問題が浮上することが考えられます 第二に、店舗が立地する改札口が交通系ICカード専用であること
セルフレジのリースとレンタルの違い• 若者中心に「レンタル」「アパレル」で利用も 問題発生時のサポートの手薄さ• 普段使っているスーパーの設置状況は? ここからは、前項でセルフレジ利用経験者の多くが利用場所としてあげた「スーパーマーケット」にフォーカスし、日常的にスーパーマーケットで買い物をしている人(月1回以上と定義)を対象に、普段もっとも利用しているスーパーのセルフレジ設置状況や利用実態など、詳しく見ていきます
メリット3 管理の手間とコストを削減 セルフレジリースは毎月定額でお支払い頂く導入方法なので、将来に渡りかかる費用(固定費)が把握できます いくらレジ打ちが早くとも、 店員のレジ打ちには限界があります
監視カメラのある場所に設置• しばらく前から、 ローソンではセルフレジを導入しています レジはローソンスマホレジ(当連載の第1回目に詳細)か、自動釣銭機付きのセルフレジの利用となる
私はイラチなので圧倒的に「待つのが嫌」「合意なく拘束されるのが嫌」がまず先頭にくるのがわかりましたw ちなみにセルフレジ好きな理由は、他人の属人能力に左右されずに自分の裁量でできるから そのほかにも、お酒などの年齢確認が必要な商品を購入する際は店員のチェックが必要ですが、周りに店員がおらずに時間がかかってしまうという事例も