代掻き やり方。 田んぼ・稲作でのトラクターで代掻きをするコツ|回り方/深さ

くれぐれも田んぼに水を入れすぎてはいけません。

トラクターで代掻き作業することで、非常に状態良い田面に仕上げることができます。

狭い田んぼや、畔側の慎重な作業に向いています。

トラクターを作業する前に、必ず安全点検を確認してください。

また、深さを均一に保つように意識することも重要です。

35
中起こしを行うことで、粘土質の土を水となじま飽和状態の土を均一にさせる。 そうすればほとんど平です。 代掻きの時期は、田植えの2日前から1週間前が一般的です。 代掻きするときは、トラクターで1度、土手の付近などを通っておくと、虫やモグラが作った穴を塞ぐことができ、水田の維持にも効果的です。 2、凸凹が少なくなると、お米作りに大切な水の管理がしやすくなります。 代掻きの回数は、田んぼがどれだけ荒れているかによって決まります。 水が少ないと、低い所はえぐれて、高い所に土が溜まります。 また、不要になったトラクターの付属品は業者に買取を依頼することができます。
47