英気 を 養う 意味。 「鋭気を養う」と「英気を養う」正しいのは?意味と類語・英語も

「英気」とは「活動する気力」や「元気」「才気」のことを意味します。

ただし、病気の回復をはかる際にも「静養する」という言葉を用いるので、使う際には注意が必要です。

対して、「鋭気」の方は、 目標に向かって感情を強くするような場合に使いますね 精神的にすっきりすると、失った気力も戻ってきますよ
従って、 「養う」ことができるのは「英気」のため、「英気を養う」と記すのが良いのではないでしょうか 英気を養うには食事と睡眠がポイントである• 高いパフォーマンスを保って仕事をするためにも、適度な休養や気分転換をして「英気を養う」ことは重要だといえるでしょう
フルーツはビタミンやミネラルが豊富で、疲労回復に一押しの食べ物なんです 「 鋭気」= 目標に対する強い意気込み
そこで 「英気を養う」の読み方と意味を紹介します 「英気を養う」の使い方と例文 「英気を養う」は疲れた相手を労わる意で使われる 「英気を養う」は、職場での挨拶や会社の送迎会などで 「疲れた相手を労わる」意を持って使われます
仕事のために英気を養っている場合の例文• 先ほど紹介したものと合わせれば頭も心も元気を取り戻すことができるでしょう リフレッシュとは、英気を養うと最終的な意味が似ています
つまり 「鋭気」は休息で養うことは難しく、「英気」は休息や休暇で取り戻すことできる ということです 一方で、主婦の方学生のみなさんなどは、 「英気を養う」という言葉をそれほど使わないかもしれません
これは、直訳すると「自分を再作成する」という意味になるのですが、「自分を再作成すること」はよく考えると「力を取り戻す」、つまり英気を養うという意味につながりますよね 雰囲気で負けないようにね
関連: まとめ 以上、今回の内容をまとめると 「 英気」= 気力・やる気・元気などのこと ただし、スマホ依存の傾向がある方などは、無理やりデジタルデトックスをすることで、逆にストレスが溜まってしまうこともあるので、半日だけ電源を切ってみるなど、時間を決めて試してみるのがおすすめです
これは、仕事や勉強、スポーツをするための活力や体力を蓄えるということを伝えたいときに使える例文です 英気を養うことができると、いつまでも健康に過ごすことができます
82

・疲れがたまってやる気が出ないので、しっかり休養を取ることにした。

リフレッシュする 「リフレッシュする」とは「元気を回復する」という意味を指します。

やる気。

【英気の使い方】• 他にも、「力を注いだプロジェクトが軌道にのった今は、新たなプロジェクトのためにしばし英気を養っておこう」などというように使います。

自分が好きなお気に入りの音楽を聴くことはもちろんおすすめですが、癒し効果が高く、リラックス効果があるとされているヒーリングミュージックなどを聴いてみるのもよいでしょう。

「鋭気」と「英気」の漢字による違い• これは「モチベーションを高める」という意味に近いといえるでしょう。

また、温泉などでゆっくりと過ごすことで、心だけでなく身体も休めて「英気を養う」のもおすすめです。

英気を養うの類義語はどのようなものがある? c Shutterstock. 疲れがたまっていて、そのままの状態だと能力を十分に発揮できないとき、「英気を養う」とよいでしょう。

意外な事実を知ることができますよ。

一般的には英気を養うと言われたら、鋭気ではなく英気の意味合いで取る人が多いです。

87