白装束 集団。 あのカルト集団を徹底追跡(2)「パナウェーブ研究所」教祖死去でもブログを

スカラー電磁波とタマちゃん 私としても、それまで見てきた印象は、警備主任に近かった。

メディアと警察に囲まれた白装束集団 しかし、なんとか日没前に着けそうだと思った矢先、数キロ手前で警察に止められてしまった。

彼らは何者だったのか。

後になって思えば、これが私と千乃正法会、パナウェーブ研究所とのファーストコンタクトだった。

・・・・・・それらの兵器のひとつは、テスラ曲射砲で、最近サリシャガン・ミサイル射撃場で完成したものであり、現在高エネルギー・レーザーか、粒子ビーム兵器のいずれかであると考えられている」(トマス・ベアデン「ソ連のテスラ究極兵器とフリー・エネルギー構想」『UFOと宇宙』) ベアデンによれば、この兵器は高エネルギー・レーザーや粒子ビーム兵器などではない。

2004年秋頃からに餌付けを始めたため、周辺の農作物に被害が発生、や福井市からの中止の申し入れに対して、野生動物の愛護を主張した。

ここも報道陣でいっぱい。

168頁 参考文献 [ ]• しかし、結局は警備に取り押さえられ失敗するというオチです。

「あの時の集団だ!」 そう思った私はとっさに自宅を飛び出して、岐阜県八幡町(現在の郡上市)の現場に向かった。

県高山建設事務所は同日午後、道路法に基づき路上に設置した白い幕などの撤去を命じましたが、これに従わなかったため、同法違反容疑で集団代表の告発状を高山署に提出しました。

(1892年)• 車を降りて山に入る。

(鹿取 茂雄) 外部サイト. だれよりも早く無線の実用化を信じたテスラもそのような混乱を共有しつつ、無線の基盤となる技術を次々と開発していったのです。

そこで脚立に座って待っていると、岐阜県警の警備主任が話しかけてきた また、大泉村は、変わり者は入村を拒まれるようです
車止めを置いて警戒する警察に、周囲を取り囲む記者やカメラマン 前夜に仕事を終えると、その足で長野に向かった
それから数キロほど追跡されたが、なんとか撒くことに成功した そして、その後どうなったのか——
また、移動用の車両には、スカラー電磁波を防ぐ効果があるという模様の図柄を貼り付けている 見ていて何だか気の毒になりました
世間で有名になったとされる事件と言えば、予言による信者たちの大移動です 車内には、追尾車両を録画できるように、ビデオカメラが取り付けられていた
(1857年)• 「うちは一切関係ありませんので」 にこやかな表情でそう言い放つと、「わざわざお疲れ様でした」と付け足した 調べてみると千乃正法会の書籍のみを扱う会社で、東京から移転してきたようだ
その前年、ドライブ中に偶然白装束集団とすれ違っていた私は、テレビで彼らの姿を目にすると、すぐさまカメラを持って現地に向かった 一目で異様と分かる集団だ
地方や宗派により差異がある パナウェーブ研究所は1997年から全国行脚を続けており、2002年に私が遭遇したように、偶然彼らの姿を見かける人も少なからず存在していたようだ
その他 [ ]• 仮にこのとき、いつものようにひっそりと移動し、山梨県の施設に入ることができていれば、その後も世間から注目を集めることなく過ごせていたのではないだろうか 、定期的にパナウェーブ研究所の本拠地を訪れていたフリーライターのが文春オンラインに寄稿した
93

2021-05-28 18:58:52• (1900年)• 2004年の夏には、ちょっと怖い目にも遭った。

(1941年)• ここで平穏に過ごしたいだけなんです」 その言葉から、現在も粛々と宗教活動は続いているが、集落の人たちとはトラブルもなく平和に過ごしていることがうかがえた。

実はその前年の2002年秋、私は一足早く彼らと遭遇していた。

実際に辺見マリは新興宗教団体に洗脳され5億円を騙し取られたと公表しています。

大槻教授もビックリ、火の玉の原因はプラズマではなくスカラー波 4. 今から18年前のゴールデンウィーク。

しかし、千乃正法会と関連出版社「エルアール出版」の活動は続いているようで、昨年まではブログが更新されていた。

乗っ取りはともかく、倫理法人会がライフスペース残党に利用されていることは間違いない。

そしてワイドショーも取り上げなくなり、いつしかお茶の間から忘れ去られていった。

千乃正法会は、会長である千乃裕子氏(2006年に逝去)を教祖とし、宗教と科学は表裏一体であるとして宇宙の真理や科学について啓蒙していた。

車の整備不良や周りへの迷惑を挙げるのならば、先に暴走族を取り締まって欲しいものです。

43