ナース の お 仕事 キャスト。 白衣の戦士ドラマ原作あらすじ・キャスト相関図も!ナースのお仕事のリメイク?

映画版 [ ] 矢口俊子(やぐち としこ) 演 - 看護部長専任となった根本の後任として、他の病院からやってきた新外科婦長。

パート2やパート3とは違い、大部屋の常連患者が死亡する事は一切無かった なんかご主人がアメリカに行くって前にもありましたよね
末期の胃癌である事は自分でもなぜか最初から気付いており、死ぬまでの間に新しいラーメンスープを完成させようとしていた 東京で仕事をしている
だが、これが仇となり、部下に反感を持たれたり、退職されてしまうこともあった 通勤時は自転車を使用していたが後半になると弟の就職が決まって思い切って購入した(または恋をしたきっかけで購入した )自動車でのマイカー通勤になる(車種はダイハツのコペン)
一方で、外科病棟ナースがいずみ、翔子、大島以外はすべて入れ替わる 工藤はパート3以来の復帰 という不自然さも生じており、ナースステーションに限っては映画版とはのような状態になっていた ドクターになって7年目(第22話の本人の台詞より)であり、本作より湘南大学病院から若葉会総合病院に異動し、研修医である健太郎の指導医となる
翔子のことも「尾崎さん」と呼び続け、主任としては認めようとしなかった 浜野が手間取っているところを見学していた永島に加勢された
60
『ナースのお仕事』 パート1 [ ] 朝倉いずみ1年目の就職直前から物語が始まる。 「あ~さ~く~ら~!!」とヒロインをビシバシ指導しつつ優しく愛情深い役柄と美人さにファンも多かったはず。 脚本 - 江頭美智留• パート1以降に制作された病院を舞台とした連続ドラマ(など)では現実の医療機器が使われているが、パート1が製作された1996年当時に現実の医療機器が舞台装置に使われるのは画期的であった。 平塚花江 演 - いずみが住むアパートの大家。 大久保ひさし(おおくぼ ひさし) 演 - パート3第4・10・16話、パート4第12話と最終話に登場。 健太郎の医科大学時代の先輩。 醤油ラーメンをたらふく食べてメロンパンでしめるという食べ方が好きらしい。
15 39