宇髄天元 腕。 鬼滅の刃・名言集〜宇髄天元編〜柱で一番ド派手な色男!かぶき者の言葉がいつも派手にかぶいている件

それは、命をかけて当然、全てのことを出来て当然、矛盾や葛藤を抱える者は弱者、という環境で育った宇髄の心を強く打った。

唯一の教師メンバーである。

そして左眼を斬られながらも炭治郎の道を切り開く。

さらには歩く度に揺れて音を立てるような装飾を全身に身に着けているにも関わらず、炭治郎達では声をかけられるまで接近に気付く事すらできず、堕姫にもその接近はおろか、自身の頸が斬られている事にすら気付かせない程の隠密性も持つ。

つけ始めはセクシーな甘くて落ち着いたメンズ系の香りで主張が強いですが、ミドル以降はとても甘く穏やかで、優しい香りに。

左眼の独特な紋様や、輝石がついた額当てが特徴。

遊郭へ潜入するために女性の鬼殺隊員を探しており、『蝶屋敷(しのぶが持つ屋敷。

そんな天元は、実は女性人気の高いイケメン。

派手好きなバトルマニアなのかな?と思いきや、嫁が3人いて3人の嫁にかなり慕われていたり、嫁のためなら死んでも構わないという潔さも持っていて、性格もイケメンであることがうかがえます。

82
2対1となるが、宇髄は再び堕姫の頸を落とす さらに、優れた聴覚により小さな音スラも聞き逃さないその力は戦闘時には、逃げ遅れた人がいないかどうかを確認することも出来、そのおかげで天元の得意とするド派手な攻撃を仕掛けることができました
ただし、毒薬の効果についてはあくまでも対人用の知識をベースとしている為に、鬼殺専門で研究を行っている程ではないようである 「余裕で勝つわボケ雑魚がァ!! 毒回ってるくらいの足枷あってトントンなんだよ」 その華麗とも言える勇ましい姿に、炭治郎は誇り高く散った炎柱・煉獄杏寿郎を重ねて見ていました
忍であったゆえに毒に耐性を持っている しかし、毒が効かないわけではなく、毒の回りが遅い、という程度の能力である
忍として培った高い機動力と隠密性による奇襲攻撃や、強い腕力と後述する爆薬と技巧を活かした強力な連撃による畳みかけ、さらに豊富な実戦経験と譜面などの能力を組み合わせた高い分析力と戦術指揮能力、忍として得ていた毒耐性等々、その派手好きな性格とは裏腹に戦闘スタイルはどこまでも堅実である 堕姫は帯を操る鬼で、宇髄の嫁は堕姫の帯に囚われていた
引用元:鬼滅の刃 左腕と左目を失った天元は、鬼殺隊を引退しますがその後お館様からの柱稽古には元柱として指導に参加しますが、その時の 天元はやっぱり左手は復活していません 妓夫太郎は、天元の美しい顔、シミも傷もない肌、恵まれた体格、さらに人を守って感謝されることに嫉妬します
宇髄はこれを多く仕込んでおり、戦闘時には日輪刀の斬撃を爆発によって強化したり、爆発を利用して相手の攻撃を減衰させて戦闘を行う 」、杏寿郎から見た天元の印象は 「剣技の軌道が美しい!忍を初めて見た!感動!妻がちょっと多すぎる!」
にて彼が初めて産屋敷邸を訪れた際から、その派手な容姿と不死川の攻撃を受けきった実力を内心では称賛しており、彼の訃報が届いた際には 「上弦の鬼には煉獄でさえ負けるのか」と発言する等、彼の実力を高く評価して、信頼していた様である 鬼の気配を追って地下へ突入してきた伊之助がふたりを助けますが、他の人質を守りながらの戦いに劣勢に追い込まれます
今回は音柱として鬼殺隊を支える宇髄天元の名言をご紹介します この事からも、宇髄が他の柱よりも明らかに戦闘力が劣っているという訳ではない
77
上弦の陸は、新たに現れた鬼・妓夫太郎と堕姫の2体で一つの鬼で、倒すには2体の鬼の頸を落とさなければならなかった 天元から見た杏寿郎の印象は 「派手!俺より目立つな!でもめっちゃ良いやつ
一方で、反論するとの堂々巡りには 『話が地味にぐるぐる回ってるぞアホが、今までもこれからも人を食わない事を口先だけでなくド派手に証明してみせろ』と冷静に指摘していた どうやら忍者に対する憧れは、杏寿郎も例外では無かったらしい
ちょいちょい兄貴ヅラされる 目次 宇髄天元の腕の輪の描写|画像 実際に、宇髄天元の腕の輪の描写が、こちらです
もうこの先、柱としての役割は果たせない 上弦の鬼の体を傷つける威力を持つ火薬玉を使い、わずかな斬撃の摩擦で爆発させます
鬼の行動動作の律動を読み、音に変換する事で攻撃・防御の癖を正確に把握し、唄に相の手を入れるが如く、自小隊(中隊)の反撃を織り込む もうこの先、柱としての役割は果たせない
宇髄は、堕姫を無視して炭治郎と話をする ねずみ1匹で、刀1本を持つ事ができる程の筋力がある(余談だが日本刀の重さは約1kg)
反面元・忍として屈強な体躯に裏打ちされた身軽さや、直線距離における移動速度の速さにおいては現柱の中でも 最速であり、現柱内で行われた俊足ランキングでも 1位に輝いており、炭治郎ら下級隊士では目で追う事もできない程である TVアニメ第1期では、那田蜘蛛山での戦いが終わったあとの「柱合裁判」の場で初登場